本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
4
6
8
9
 
 地震・津波・台風・豪雨・竜巻・噴火 等
切迫する自然災害と危機管理
備えを固め、被害を減らし、事業継続する
 
                   
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!

《開催・参加要領》

【開催日時】 平成30年12月18日(火)   午後2時00分~午後5時00分
【会      場】 港区立 商工会館 会議室  東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】 1名につき32,400円  (資料代・税込) 
【支払方法】 申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

《講 師》

藤江 俊彦  千葉商科大学名誉教授・大学院客員教授
 慶応義塾大 法学部卒 官公庁各種委員を歴任、危機管理システム研究学会元会長・顧問、
 RM学会事理事、 (一社)日本経営管理学会副会長等。
 「第五版・実践危機管理読本」「災害危機管理読本」(学会賞受賞)など著書多数

【下記の項目で講義を進めます】

★ 断層型がきた熊本地震、大阪北部地震、首都直下、南海トラフは
★ 続発する大型台風・豪雨・竜巻・火山噴火、
害に対し
★ 人命と企業組織の資産を守り、事業継続を可能に!
 
   Ⅰ.急がれる防災・減災への災害危機管理
      1 新たな脅威―大型台風、ゲリラ豪雨、洪水、爆弾低気圧、竜巻
      2 災害リスク世界一 南海トラフや直下地震、千島海溝地震
      3 東日本大震災の教訓―広域複合災害(津波・原発、液状化等)
      4 熊本、鳥取、阪神大震災の教訓―断層型の脅威
      5 防災から減災、耐災―脆弱化する社会での備えと避難

   Ⅱ.「防災4.0」と事象災害対策
      1 「防災1.0」から「防災4.0」
      2 津波の認識―まず避難(高台、高層建物、避難塔)
      3 豪雨、台風、洪水、土砂災害―事前の点検と対策
      4 増加する雷被害、竜巻と火山噴火

   Ⅲ.平常時の自然災害への体制づくり
      1 改正消防法による消防計画書とマニュアルづくり
      2 災害危機管理への理念、方針、委員会、対策本部
      3 耐震診断と耐震強化、地盤強化、水防対策、発電、転倒対策
      4 サーバー分散、情報システムバックアップ
      5 リスクコミュニケーションとマニュアルづくり、研修・演習
      6 サプライチェーンと行政、医療機関などと連携協定

   Ⅳ.発災時の応急対応、事業再開、復旧対策
      1 対策本部設置と非常参集・自主防災隊編成
      2 来客・社員の安全確認、確保(避難、救助)   
      3 社員関係者の安否確認・状況確認 
      4 設備・装置などの緊急停止、消火、防水等
      5 機密文書持出し、情報システム(通信)の確保
      6 BCPによるサプライチェーンでの一部再開、前面再開
      7 帰宅困難者・可能者対策と一時避難場所の設置と運営
      8 マスコミ等メディアへの対応
      9 地域との連携―東京都条例
                                                                                                                                                     
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る