本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
2
0
2
 
 地震・津波・台風・豪雨・竜巻・噴火 等
近づく自然災害と危機管理
備えを固め、被害を減らし、事業継続する
 
                   
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!

《開催・参加要領》

【開催日時】 令和元年7月16日(火)   午後2時00分~午後5時00分
【会      場】 港区立 商工会館 会議室  東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】 1名につき32,400円  (資料代・税込) 
【支払方法】 申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

《講 師》

藤江 俊彦  千葉商科大学名誉教授・大学院客員教授
 
慶応義塾大学法学部卒、企業でビジネスキャリア後、淑徳大学教授、千葉商科大学政策情報学部教授、同大学院政策情報学研究科委員長・教授を経て、現在千葉商科大学名誉教授、同大学院客員教授。
ソーシャル・マネジメント、経営戦略論、リスクマネジメントなどを研究。
官公庁、企業、各種団体などで講演。
 (一社)日本経営管理協会・副会長、(一社)日本経営管理学会代表理事・副会長、危機管理システム研究学会前会長・顧問、(公社)全能連認定マスター・マネジメント・コンサルタント、国連認可NGO国際経営コンサルタント協会認定マネジメント・コンサルタント、(公社)日本広報協会広報アドバイザー。
環境省、内閣府、経済産業省、国土交通省等中央省庁,公共団体の各種委員など歴任。
財務省等中央省庁・都道府県・市町等自治体等の職員研修、企業の経営コンサルティング、講演活動。
[著書]
「第五版 実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2016年
「新版・はじめての広報宣伝マニュアル」(同友館)2015年(改定版)
「政策情報学の視座」(共著)(日経事業出版社) 2010年
「災害危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2009年 <ソーシャル・リスクマネジメント学会賞受賞>
「改訂新版・実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2007年<日本リスクマネジメント学会賞受賞>
「広報PR&IR辞典」編著(同友館)2007年 
「はじめてのマスコミ論」(同友館)2006年
「ソーシャル・マネジメントの時代」共著 第一法規 2005年
「改訂版・実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2004年
「経営戦略論入門」編著(同友館)2004年
「シンプリシティ・マーケティング」監訳(ダイヤモンド社)2002年       
「実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2001年<日本リスクマネジメント学会優秀著作賞>
「価値創造のIR戦略」(ダイヤモンド社)2000年<実践経営学会「名東賞」受賞>
「経営とイメージ戦略」(国元書房)1999年
「現代の広報―戦略と実際」(同友館) 1995年<日本広告学会賞受賞・日本図書館協会選定図書>
「環境コミュニケーション論」(慶応義塾大学出版会)1997年

【下記の項目で講義を進めます】

★ 断層型がきた熊本地震、大阪北部地震、首都直下、南海トラフは
★ 続発する大型台風・豪雨・竜巻・火山噴火、
害に対し
★ 人命と企業組織の資産を守り、事業継続を可能に!
 
   Ⅰ.急がれる地震・豪雨への災害危機管理
       1 災害リスク世界一 南海トラフや直下地震、千島海溝地震
       2 新たな脅威―大型台風、ゲリラ豪雨、洪水、津波、竜巻
       3 東日本大震災の教訓―広域複合災害(津波、原発、液状化等)
       4 熊本、北海道、大阪北、阪神大震災の教訓―断層型の脅威
       5 防災から減災、耐災―脆弱化する社会での備えと避難
   Ⅱ.「防災4.0」と実効性あるBCM、BCP
       1 「防災1.0」から「防災4.0」
       2 津波の認識―まず避難(高台、高層建物、避難塔)
       3 BCM(事業継続管理)とは何で、なぜ必要か
       4 BCM(ISO22301)規格化とBCP策定
       5 震災事例に学ぶBCPの失敗と成功
   Ⅲ.平常時の自然災害への体制づくり
       1 改正消防法による消防計画書とマニュアルづくり
       2 災害危機管理への理念、方針、委員会、対策本部
       3 耐震診断と耐震強化、地盤強化、水防対策、発電、転倒対策
       4 サーバー分散、情報システムバックアップ
       5 リスクコミュニケーションとマニュアルづくり、研修・演習
       6 サプライチェーンと行政、医療機関などと連携協定
   Ⅳ.発災時の応急対応、事業再開、復旧対策
       1 対策本部設置と非常参集・自主防災隊編成
       2 来客・社員の安全確保(避難、救助、救急救命)   
       3 社員先(取引先、顧客、行政等)への連絡、応援、安否確認 
       4 設備・装置などの緊急停止、消火、防水等
       5 機密文書持出し、情報システム(通信)の確保、記録
       6 BCP発動と一部再開、前面再開
       7 帰宅困難者・可能者対策と一時避難場所の設置と運営
       8 マスコミ等メディアへの対応、デマ対応
       9 地域との連携―東京都条例(自助、共助、公助、官助)
     10 リスクファイナンス(応急金融、復旧復興金融)
                                                                                                                                                     
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る