本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
4
6
8
6
 
頻発不祥事・トラブルに巻き込まれたら
実践!不正の発見・発覚にどう対応?
~不祥事の調査をするとき、受けるとき~
 
 
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!

《セミナー開催要領》

【開催日時】  平成30年12月10日(月)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  港区立商法会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名につき32,400円 (資料代・税込)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします 

《講 師》

中西 和幸 氏 (田辺総合法律事務所 パートナー)
平成4年3月東京大学卒 7年4月弁護士登録 田辺総合法律事務所入所 主に会社法関連業務を中心に契約書、規程・議事録、企業再編等を共著一連の改正商法/会社法詳説実務書を多数出費津  

《重点講義内容》

  東京証券取引所が、「不祥事予防の プリンシプル」を公表しましたが、その前に「不祥事対応のプリンシプル」を公表しており、こちらも理解する必要があります。
その内容は、① 不祥事の根本的な原因の解明② 第三者委員会を設置する場合における独立性・中立性・専門性の確保③ 実効性の高い再発防止策の策定と迅速な実行④ 迅速かつ的確な情報開示、となっていますが、これだけでは具体的な不祥事対応はよくわかりません。
単に公表し、調査を行えばよいというわけではなく、様々な工夫が必要です。顧客、市場関係者、従業員などのステイクホルダーへの説明、配慮なども必須です。これに失敗すると、かえってダメージを大きくしてしまうという、いわゆる「二次的不祥事」になりますが、こうした事例は今でも少なくありません。 
そこで、危機管理に必要な考え方から、自社で調査したり外部調査を依頼するときの具体的な対応までを解説します。
 
   Ⅰトラブル発生!まず何をなすべきか
      1 対応チームの作り方
      2 事実(被害)確認のための調査
      3 社内における情報統制の必要性
      4 公表の要否の検討
      5 報道対応のポイント

   Ⅱ 各種ステークホルダーへの対応
      1 被害者への対応
      2 顧客・取引先への対応
      3 当局への対応
      4 株主・投資家への対応
      5 従業員への対応

   Ⅲ 自社調査か外部調査委員会か
      1 自社調査と外部調査委員会の差異
      2 外部調査委員会の運用上のポイント
      3 外部調査委員会に関する失敗例
      4 調査結果の公表における注意点

   Ⅳ 事態の収束に向けて
      1 再発防止策の策定・実行
      2 関係者の処分
      3 企業の対外的な責任 4 役員の責任

   Ⅴ トラブル発生企業対応のとり方とその後

                                                                                                                                                 

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る