株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
2
1
4
0
 
~端緒になる内部通報・告発を有効にする制度改革が急務~
公益通報者保護法制の展開と内部通報制度の整備・運用具体策
今や、内部統制整備・コンプライアンス強化、不祥事防止のかなめ
 
 
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!

《開催・参加要領》

 【開催日時】  平成30年9月28日(金)   午後1時30分~午後4時30分
 【会      場】  港区立商工会館会議室 東京都港区海岸1-4-28
 【参加費用】  1名につき32,400円 (資料代・税込)
                     2名目以降は1名につき27,000(いずれも資料代・税込)
 【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

【講 師】

弁護士 浜辺 陽一郎 氏  青山学院大学大学院法務研究科  教授
                                 弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック 
 
1961年生まれ、1985年慶応大学法学部卒、1987年弁護士登録、
1991年ニューヨーク州弁護士資格取得/2004年4月早稲田大学(法科大学院)客員教授を経て2009年4月青山学院大学法科大学院 特任教授から現職。
コンプライアンス、会社法、執行役員制度などの関連著書・論文多数。
 

【重点講義内容】

  内部通報制度を整備・運用することは、不祥事防止やコンプライアンス経営の推進に役立ち、内部統制整備、企業価値向上への重要な意義を有する。
内部通報制度のより一層の整備・運用の具体策を検討する。
  Ⅰ 内部通報制度の目的
  Ⅱ 公益通報者保護法の趣旨と内容

     1 公益通報者保護法の概要
     2 公益通報者保護法の意義と狙い
     3 内部通報制度の状況
     4 「公益通報者保護制度の実効性の向上に関する検討会」の動向
  Ⅲ 民間事業者向けガイドラインの趣旨と内容
     1 消費者庁 「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の
         整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(平成28年12月9日)
     2 内部通報制度推進に向けた動き
  Ⅳ 内部通報制度の制度設計上の諸問題
    コンプライアンス経営のための内部通報制度の構築と活用方法
     1 内部通報制度の基本的考え方
     2 内部通報制度を機能させるための工夫と着眼点
  Ⅴ 運営上の諸問題
     1 利益相反問題
     2 通報があった場合の調査方法
     3 コンプライアンス・プログラム全体の中の位置付けと体制整備
     4 調査後のフィードバックと事後対応の留意点
     5 内部通報制度の検証と改善の必要性
  Ⅵ 内部通報で問題となりやすい領域における対応の具体例
  Ⅶ 質疑応答、名刺交換

     内部通報等の適正な処理の仕組みに関する必要事項を定めた
     <規程例>企業倫理ヘルプラインに関する規程(案)も配布
                                                                                                                                                    
下記申込フォームをご利用ください     お問合せ電話番号 03-3501-6811
セミナーNo.・テーマ ※必須
貴社名 ※必須
郵便番号 ※必須
例)012-3456
住所 ※必須
電話番号 ※必須
例)012-345-6789
FAX番号 ※必須
例)012-345-6789
①ご氏名 ※必須
所属・役職 ※必須
②ご氏名
所属・役職
メールアドレス ※必須
注) 半角英数字のみ