本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
3
3
6
3
 
公共社会と良好な関係づくりを図り、企業価値を創造する
広報・PRの基本と業務
そのポイントと実務
 
 
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!

《開催・参加要領》

 【開催日時】  2019年10月29日(火)   午後2時00分~午後5時00分
 【会      場】  港区立商工会館会議室 東京都港区海岸1-4-28
 【参加費用】  1名につき33,000円 (資料代・税込)
 【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします
                                                                                                                                                     

【講 師】

藤江 俊彦 氏  千葉商科大学 名誉教授・大学院 客員教授
 
慶応義塾大学法学部卒、企業でビジネスキャリア後、淑徳大学教授、
千葉商科大学政策情報学部教授、同大学院政策情報学研究科委員長・教授を経て、
現在千葉商科大学名誉教授、同大学院客員教授。
ソーシャル・マネジメント、経営戦略論、リスクマネジメントなどが専門。
官公庁、企業、各種団体などで講演。
 (一社)日本経営管理協会・副会長、(一社)日本経営管理学会代表理事・副会長、
危機管理システム研究学会前会長・顧問、
(公社)全能連認定マスター・マネジメント・コンサルタント、
国連認可NGO国際経営コンサルタント協会認定マネジメント・コンサルタント、
(公社)日本広報協会広報アドバイザー。
環境省、内閣府、経済産業省、国土交通省等中央省庁,公共団体の各種委員など歴任。
財務省等中央省庁・都道府県・市町等自治体等の職員研修、企業の経営コンサルティング、
講演活動。
[著書]
「第五版 実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2016年
「新版・はじめての広報宣伝マニュアル」(同友館)2015年(改定版)
「政策情報学の視座」(共著)(日経事業出版社) 2010年
「災害危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2009年 <ソーシャル・リスクマネジメント学会賞受賞>
「改訂新版・実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2007年<日本リスクマネジメント学会賞受賞>
「広報PR&IR辞典」編著(同友館)2007年 
「はじめてのマスコミ論」(同友館)2006年
「ソーシャル・マネジメントの時代」共著 第一法規 2005年
「改訂版・実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2004年
「経営戦略論入門」編著(同友館)2004年
「シンプリシティ・マーケティング」監訳(ダイヤモンド社)2002年       
「実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)2001年<日本リスクマネジメント学会優秀著作賞>
「価値創造のIR戦略」(ダイヤモンド社)2000年<実践経営学会「名東賞」受賞>
「経営とイメージ戦略」(国元書房)1999年
「現代の広報―戦略と実際」(同友館) 1995年<日本広告学会賞受賞・日本図書館協会選定図書>
「環境コミュニケーション論」(慶応義塾大学出版会)1997年
                                                                                                                                                    

重点講義内容

   IT化、グローバル化が進み、ビジネスが進化する中で、企業評価に社会性、透明性が強く求められ、多様な利害関係者との良好な関係をつくるパブリック・リレーションズが“広報”として一層重要な業務になってきた。資本市場とのIR(投資家広報)も注目され、不祥事発生時でのメディア対応は運命を決するとも言われる。ソーシャルメディア時代に入り広報の基本をマスターする必要が増している。
   本セミナーでは、経験者はもとより新任者にも分り易く、広報PRのポイントを解説し、新たな課題も取り入れ、企業での広報キャリアをもつ講師がトレンドをまじえて解説する。
 
   1. パブリック・リレーションズ(PR)・広報からSRへ
   2. 広告・宣伝と広報・PRの相違点と共通点コーポレート・コミュニケーションズ(CC)
   3. 直接広報、間接広報、ネット広報
   4. 広報・PRの組織体制と業務内容
   5. マスコミへのパブリシティと記者会見

     ・マスコミの種類   ・パブリシティ  ・記者クラブ       
     ・取材の受け方   ・記者会見と発表(公表)
  6. プレス・リリースのつくり方(ニュース情報と表現)
  7. 広報メディア(アナログ&デジタル)とその活用

     ・広報PR誌、社内報 、社内イントラネット など
     ・ビデオ、DVD ・ウエブサイト(HP)、メルマガ、ブログ    
     ・ソーシャルメディア(ツィッター、フェイスブック)
     ・イベント(体験媒体)、ショールーム
  8. 課題対応の広報・IR
     ・CSRと広報   
      ・IR(投資家広報)   
     ・ブランドと広報  
     ・社内広報   
     ・広報、PRの効果測定 
     ・広報法的知識 
                                                                                                                                                    
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る