本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
8
1
6
2
 
IMOによる船舶燃料のCO2規制強化と
LNG燃料船の導入
 
 

《開催・参加要領》

                    4月16日開催を諸般事情により下記に変更いたしました
【開催日時】  令和2年6月15日(月)   午後1時30分~午後3時30分
【会      場】  港区立商工会館   会議室  東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 33,000 2名目以降 1名につき27,500(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

 DNV GL AS, Japan マリタイム テクノロジー アンド リサーチ
マネージャ 三浦 佳範
  氏
 
1985年 DNV 神戸図面承認センター
1987年 興亜火災海上保険
1991年 DNV 神戸支部 検査員
1997年 DNV 大島造船所駐在新造船検査員
2007年 DNV 神戸支部長
2012年 DNV 船級業務統括部長
2017年 DNV GL 事業開発部長
2018年 DNV GL マリタイムテクノロジー アンド リサーチ マネージャ
                                                                                                                                                      

重点講義内容

2050年に海運の GHG 排出を半減するという IMO の目標の達成は、現在のペースでは実現不可能である。
しかし海運の低炭素化への圧力は海運関係者が想像する以上に強く、今すぐに行動を起こすことが海運ビジネスでのリスクを減らすことになると DNV GL は考える。
本講義では海運の低炭素化実現に必須の次世代燃料について 2050 年までの展望を示し、既存燃料から次世代燃料への転換の重要性を詳説する。
 
1.DNV GL Energy Transition Outlook による世界エネルギー展望
  a.2050年までのエネルギー需要予測
  b.倍増する電気エネルギー
2.IMO GHG 削減戦略
  a.目標達成に必要な海運の低炭素化オプション
  b.次世代燃料導入の現状
3.LNG燃料船の現状
  a.LNG燃料船の年度別・船種別導入状況
  b.LNGバンカリングの現状
4.DNV GL Maritime Forecast to 2050による舶用燃料展望
  a.分析に利用するPathwayモデルの概要
  b.技術対応シナリオとアンモニア燃料
  c.運航改善シナリオとLNG燃料
  d.2050年までの燃料ミックス
5.脱炭素燃料の可能性と課題
  a.水素エネルギーとエレクトロフューエル
  b.アンモニア
6.意見/名刺交換
                                                                                                                                                    
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る