本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
4
6
9
2
直面する疑問点解明
移行への予備知識・移行が決まったら・移行後の対応は?
監査等委員会設置会社の現実的な運用と課題
 
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!

《セミナー開催要領》

【開催日時】  2019年1月17日(木)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  港区立商法会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名につき32,400円 (資料代・税込)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします 

《講 師》

中西 和幸 氏 (田辺総合法律事務所 パートナー)
 
平成4年3月東京大学卒 7年4月弁護士登録 田辺総合法律事務所入所 主に会社法関連業務を中心に契約書、規程・議事録、企業再編等を共著一連の改正商法/会社法詳説実務書を多数出筆

《重点講義内容》

   新しい会社形態である監査等委員会設置会社に変更した会社は、840社超になっている。各社、色々な事情により監査等委員会設置会社に移行しているが、実際に移行してみると、当てが外れたり、投資家の反応がよくなかったりする場合もあり、必ずしも移行がよかったとは限らない会社もある。
近時の投資家の中には、コーポレート・ガバナンスについてよく勉強をし、会社との対話を求めてくるため、CGコードを「とりあえずコンプライ」では通らないことも考えられる。そして、「とりあえず監査等委員会設置会社」では、説明に困り、投資家から「仏作って魂入れず」と評価されてしまう可能性がある。
   本講演では、監査等委員会設置会社に移行した会社の現実を検討し、移行後は、理想と現実のギャップをどう埋めるか、社内体制をどう調整するかなど、色々な事項を解説する
 
   
  Ⅰ.監査等委員会設置会社の現況
    1 監査等委員会設置会社への移行状況
    2 経営と執行の分離
    3 取締役の人事権 4 取締役の報酬決定権
  Ⅱ.CGコードと監査等委員会設置会社
    1とりあえずコンプライにはなるけれど
    2 社外取締役の人数以外に重要なこと 3 エクスプレインする勇気
  Ⅲ経営と執行と監査の関係をどう整備するか
    1 経営の意思決定と業務執行 
    2 経営と執行の分離と監査
    3 二つのモニタリング  
  Ⅳ. 実例から見る監査体制
    1監査部門は単数か複数か  
    2 モニタリングモデルとは
    3 監査制度はどう変わるか
  Ⅴ. 社外取締役の大きな負担増
    1 社外取締役の現代的な意義
    2 コーポレート・ガバナンスや内部統制との関係
    3 社外取締役に必要な能力 4 社外取締役の責任
  Ⅵ. あまり議論されていないメリット・デメリット
    1 表面上見えるメリット
      (1) 社外取締役の人数  
      (2) 報酬等のコスト
    2 実際の短所
      (1) 組織変更の必要性を株主・投資家に説明しにくい 
      (2) 意外と減らないコスト  
      (3) 投資家の理解を得られるか
      (4) 任意の委員会を設置するか
  Ⅶ. 監査等委員会設置会社を見直す
    1 監査等委員会スタッフの充実   
    2 社外取締役への情報提供
    3 モニタリング体制と人事・報酬への連動
    4 ガバナンス低下リスク                     など
 

                                                                                                                                                 

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る