本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
4
6
8
6
 
九州電力 配電線運用の高度化への取り組み
~再生可能エネルギーの導入拡大への対応~
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  平成30年12月11日(火)   午後2時00分~4時00分
【会      場】  
AP虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
【参加費用】  1名 33,100 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

Ⅰ九州電力における再生可能エネルギーの連系状況と配電線運用における課題 【14:00~14:30】

九州電力株式会社 送配電カンパニー 
    配電本部配電技術担当 部長 守田 賢二(もりた けんじ)  
 
1988年(九州大学大学院総合理工学研究科エネルギー変換工学専攻 修士課程修了)九州電力(株)入社。
現在、配電部門の技術開発戦略、配電機材・システム全般の技術開発にかかる業務等に従事。
                                                                                                                                                      
   平成24年7月の固定価格買取制度の開始以降、太陽光発電を中心に再生可能エネルギー発電設備の接続申込が急速に増加した。特に、日照条件に恵まれた九州では太陽光発電が普及しており、今年5月の連休中には、九州管内の電力需要の8割程度を再生可能エネルギーが占める状況になっている。
  このため、再生可能エネルギーの連系量・逆潮流の増大に伴い、配電系統の電力潮流や電圧分布はますます複雑化している。本講演では、九州における再生可能エネルギーの連系状況と配電系統に関連する諸課題に対する取り組みについて紹介する。
 
1.九州電力の概要    
2.配電設備の概要
3.九州本土における再生可能エネルギーの導入状況
4.再生可能エネルギー導入拡大に伴う課題と配電設備・運用対策について
                                                                                                                                            

Ⅱ配電線運用の高度化への取り組み 【14:40~16:00】

 
九州電力株式会社 送配電カンパニー 配電本部
     配電制御高度化グループ グループ長 米倉 和彦(よねくら かずひこ)
 

1991年(九州工業大学大学院電気工学専攻 修士課程修了)九州電力(株)入社。
現在、配電線自動制御システム関連開発・改善、ならびに導入計画にかかる業務等に従事。

                                                                                                                                                    

再生可能エネルギーの配電系統への連系拡大に対しては、配電線運用のための系統監視・計測が重要な機能となることから、配電線自動制御システムの改善が必要不可欠となる。本講演では、九州における配電自動制御システムの技術高度化、配電線運用の課題に対する具体的な対応状況、および今後のさらなる高度化への取り組みについて述べる。
 
1.配電線自動制御システムの動向   
2.高圧配電線の電圧負荷管理の精度向上
3.メガソーラーを考慮した配電線事故処理   
4.出力制御システムの概要と状況
5.今後の配電線運用高度化への対応
                                                                                                                                           

Ⅲ全体を通した質疑応答&名刺交換

お申込フォーム

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る