本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
4
6
9
0
 
電力・エネルギー業界におけるブロックチェーン利用の方向性と課題
~デジタル化が切り拓くこれからの新たな電力取引の事業機会~
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年1月21日(月)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  
港区立商工会館 東京都港区海岸1-4-28  JR浜松町駅下車 徒歩8分
【参加費用】  1名 32,400 (税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

【講 師】

//www.sul.co.jp/files/libs/550/201810301308197336.JPG
1 ~ 6 担当      【13:30~15:00】
株式会社NTTデータ経営研究所 社会環境戦略
コンサルティングユニット マネジャー 上田 郁哉 氏
 
再生可能エネルギー機器メーカー等でシステム設計、マーケティング、商品企画を経て現職、電力システム関連ビジネスへの新規参入等のコンサルティングに取り組んでいる
 
//www.sul.co.jp/files/libs/558/201811012108119705.JPG
 
7 ~ 9 担当     【15:00~16:30】
株式会社 NTTデータ テレコムユーティリティ事業本部
 ユーティリティ事業部第2統括部第1開発担当
 ブロックチェーン推進チーム課長代理 高坂 大介 氏
 
大手携帯キャリアの料金システムや電力会社スマートメーター管理システム等の大規模システム開発を経て現職。電力事業向けのブロックチェーン活用ユースケース研究、及び実証事業の企画・推進を行っている。
 

下記の項目で講義をすすめます

電力業界におけるブロックチェーンの利活用検討が色々な拡がりをみせている。 2016年に発表されたBrooklyn MicrogridによるP2P(Peer to Peer)電力取引を皮切りとしてバリューチェーン上の色々な分野におけるブロックチェーンの利活用が進みはじめている、特に需要家間における電力の直接取引を行うP2P取引領域における検討が非常に活発だ。電力仲介者を通さず需要者間で直接取引するというアイデアは斬新でブロックチェーンの利用用途としても期待が持てる。 このP2P電力取引の実現性と事業機会を検討する。  
 
1.電力事業分野の外部環境変化とデジタル化
2.電力ビジネスにおけるブロックチェーンの利活用動向
              ~発電、送配電、小売領域におけるユースケース~
3.電力P2P取引の可能性と成立要件について
4.ブロックチェーンの基礎
5.ブロックチェーンのユースケース事例
6.電力×ブロックチェーンのシステムデザイン
                                                                                                                      
 
7.ブロックチェーンの基礎                                              
8.ブロックチェーンのユースケース事例 (電力業界に限らず)
9.電力×ブロックチェーンのシステムデザイン
                                                                                                                     
 
10.意見・名詞交換
                                                                                                                      

お申込フォーム

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る