本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
4
6
8
6
 
ブロックチェーン技術は分散エネルギー市場を如何に作るか
~電力システムを牽引するブロックチェーン技術、その解説と実証~
 
     分散エネルギー分野におけるブロックチェーンの活用、VPP、地産地消、分散エネルギー経済圏の創出
   (トークンエコノミー)へ向けた技術とビジネスデザインについて解説
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  平成30年12月13日(木)   午後1時45分~4時45分
【会      場】  
港区立商工会館会議室 
東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,400 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
                       会員企業  1名  20,800円(税込み)⇒ ご案内パンフレットでお申込みください
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

Ⅰ.電力システムとP2P電力取引の方向性 【13:45~14:35】

関西電力株式会社 研究開発室 技術研究所エネルギー利用技術研究室 
主幹 石田 文章
      
1986年 東京大学工学部電気工学科卒業。同年 関西電力に入社。主に、送変電設備の計画、解析業務に従事。以降、2009年NEDO新エネルギー部統括研究員出向、2012年地域エネルギー本部地域エネルギー開発グループ担当部長を経て、2017年より現職。現在は、家庭のエネルギーマネジメント技術に携わる。専門分野は、電力システム解析、再生可能エネルギー技術、スマートグリッド技術、P2P電力直接取引技術。2016年~ 大阪大学招聘教授
  
                                                                                                                                                      
  需要家側のエネルギーソースを集約し遠隔で自動制御することで、系統運用者や小売事業者等に提供するVPPの考え方が、注目されている。一方、太陽光発電などの再生可能エネルギー等の普及により、将来、電力直接取引が検討されている。本講演では、VPPを応用した電力デジタルビジネスとしてブロックチェーン技術を活用した電力直接取引を主に関西電力の取り組みについて紹介する。
    1 VPPの国内外の現状   
    2 VPPを応用した電力デジタルビジネス
    3 卒FITを踏まえた、現状と課題   
    4 ブロックチェーン技術のエネルギー分野への適用
    5 ブロックチェーン技術を活用した電力直接取引   
    6 今後の課題
                                                                                                                                            

Ⅱ.ブロックチェーンを用いた電力のP2P取引の実現性 【14:45~15:35】

株式会社電力シェアリング 代表取締役社長 酒井 直樹
 

1987年東京電力入社。主に人事・企画業務等を担当。2000アジア開発銀行に派遣 上級気候変動専門官 インド太陽光発電市場形成プロジェクトを主導
1987年東京大学経済学部卒、1998年米国Chicago大学MBA 2017年株式会社電力シェアリングを創業 2018年環境省「ブロックチェーン技術を活用した再エネCO2削減価値創出モデル事業における自家消費される再エネCO2削減価値の地方部等におけるCtoC取引サプライチェーン検討事業」に採択
NPO法人Asia Solar Energy Forum 事務局長 言論プラットフォームAgora執筆者

                                                                                                                                                    

  電力セクターにおけるIoT(もののインターネット)化は急速に進み、旧態依然とした電力セクターに創造的破壊がもたらされることが予見される。ブロックチェーンを活用したP2P取引(Disintermediation) によって誰ものがどこでもどのような電力でも自由に取引できるようになる可能性がある。一方で、モビリティの電動化も日本及びアジアで着々と進み、その電源をRE100で満たしたいというニーズも含めていわゆるV2Xと言われるモビリティのIoT化も相乗的に進み、モビリティと電力業界の垣根も崩れてくる。講演者はアジア開発銀行でこのような案件の形成に15年以上携わってきた。そのような方向性が日本やアジアの特殊な環境の中でどう進行するのかについて解説する。
                                                                                                                                           

Ⅲ.ローカルVPPによる再生可能エネルギーの経済的自立 【15:45~16:45】

~ブロックチェーン、トークンエコノミー、ローカルVPP(仮想発電)、地産地消~
 
(株)スマートエナジー研究所 ファウンダー/DELIA 代表 中村 良道
 
株式会社 スマートエナジー研究所 ファウンダー・チーフコンサルタント
特定非営利活動法人NPO QUEST 理事      DELIA 代表理事
ブロックチェーンによる分散エネルギー情報基盤アライアンス(DELIA)
福岡スマートハウスコンソーシアム 代表            横浜スマートコミュニティ 副代表
アカデミー
 芝浦工業大学 電気工学科 非常勤講師       九州工業大学 大学院 客員教授     電気学会 家電民生技術委員会 
活動プロフィール  
分散エネルギー推進プロデューサー
 芝浦工業大学 工学部 電気工学科 1980年卒。分散エネルギーシステム(太陽光発電、燃料電池など)のインテリジェントな電源の企画開発におよそ27年携わる。その経験を基に、持続可能な低炭素社会の実現、国土強靭化へ向けて「地産地消型エネルギーシステム」のビジョンやモデルづくりを行う。最近では、分散エネルギーを緩やかに統合するローカルVPPの実現をめざし「ブロークチェーン技術の活用、トークンエコノミー、エネルギー地域内の融通(一括受電等)」を掲げて、強いリーダーシップをもって企画・推進・場づくりの活動をしている。
 2018年11月 社団法人DELIA(ブロックチェーンによる分散エネルギー情報基盤アライアンス)を福岡市で立ち上げる。分散エネルギーの電力情報(ETP:電力移動証明)を分散台帳へ書き込み、未来志向のサービスの開拓を進めている。
1 エネルギー基本計画と再生可能エネルギー
2 自然に学ぶ 地産地消と分散エネルギーの統合化
3 ローカルVPPのコンセプト 
4 ブロックチェーンの活用と解説
5 分散エネルギー経済圏の実現へ向けて
                                                                                              

お申込フォーム

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る