本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
4
6
8
6
 
コネクテッドカ―のソフトウエア開発とセキュリティ対策
~車両の電動化と自動運転の実現を目指して~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年1月22日(火)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  港区立商工会館 会議室
  東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,500 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

日本シノプシス合同会社 シニアソリューションアーキテクト
ソフトウエアインテグリティグループ
   岡 デニス 健五  
 
日本シノプシス合同会社のソフトウェアインテグリティグループにてシニア・ソリューションアーキテクトとしてセキュリティソリューション業務に従事。2006年より車載セキュリティを専門としいる。過去にはスウェーデンでボルボの自動車セキュリティ研究を始め、リモート診断やOTA(over-the-air)アップデートを専門とした。前職のBoschグループでは国内とグローバルの顧客対応に従事。日本とAPACのエンジニアリング及びコンサルティングマネージャーとして特に車載セキュリティの部署(ESCRYPT)の設立に協力し貢献した。現在、日本シノプシスで自動車セキュリティのソリューション、特にソフトウェア開発ライフサイクルとサプライチェーンに特化したソリューションを提供しており、60以上の執筆を手掛け、講演も世界中で多数行っている。
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  自動運転やコネクテッドカーのようなより進化した機能が導入されその結果、OEMやサプライヤ―によって開発,統合されたソフトウエアが増えている。

  今日のコネクテッドカー・エコシステムは様々なサービスプロバイダー、バックエンドシステム,スマホアプリ、充電システムがその脆弱性を悪用される結果として大規模なセキュリティ対策が必要となる。脆弱性のほとんどは不適切な実装によるものであるが無線通信のリスクセキュリティに関連しては、規格やガイドラインとソフトウエア開発ライフサイクルの各段階でのセキュリティの必要性があり、それを考察する。
 
1 自動車のトレンド・コネクッテドカー
2 IoTと比較

    ・コンシューマーエンタープライズ
    ・医療機器
    ・自動車
3 無線通信に関わる脅威リスク
    ・WiFi
    ・Bluetooth
4 コネクテッドカ‐エコシステムにおける大規模な攻撃
5 自動運転に関するサイバーセキュリティ
6 オープンソースソフトウェアのリスク ― 解析結果
7 自動車業界のセキュリティの取り組み

  ・自動車ソフトウエアサプライチェーンと攻撃シナリオ
  ・セキュリティ規格、ガイドライン
8 ソフトウエア開発ライフサイクルにおけるセキュリティ
    ・ソースコード静的解析(CW,MISRA-C、CERT-C)
    ・ソフトウエアコンポジション解析 - オープンソースバイナリ解析、ソースコード解析
    ・ファジング(外部ツールとの統合など)
9 意見交換

                                                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る