本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
6
6
5
5
 
日本のバイオマス発電の再構築
~バイオマス発電(事業)の展望と課題~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年2月19日(火)   午後1時45分~3時45分
【会      場】  
港区立商工会館会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,400 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

日本アジアグループ
国際航業株式会社 気候変動対策研究所準備室 
主任研究員 澤田 直美(さわだ なおみ)
 
東京大学農学生命科学研究科 修士課程修了。エネルギーベンチャーにて、日本初となる1万kW級木質バイオマス専焼発電所の建設プロジェクトに参画し、再生可能エネルギー事業開発と運営管理、コンサルティングを担当。2008年より国際航業において再生可能エネルギー事業企画・開発に従事。2010年より研究職として、社会システムとしてのバイオマスエネルギー利用と森林・林業のあり方をテーマに調査・研究を行っている。
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  FIT制度の導入から6年が経過し、バイオマス発電事業をめぐる状況に変化の兆しが表れている。またSDGs・ESG投資など、新たな文脈が変革を促している。社会に必要とされるバイオマス像を考えることは、もはや責任や義務を超えて、市場ニーズを先取りし、より速くより優位なポジションを得るために有効な戦略的行動なのである。

  本セミナーでは政策動向を確認し、今後の方向性をうらなう注目トピックについて検討する。

 
1.木質バイオマス発電の政策動向と事業への影響
2.SDGsとバイオマスをめぐる新たな流れ
3.発電ビジネスの現状と再構築
4.国産材、未利用材の活用
5.バイオマスの収集運搬コスト
6.輸入材の動向(持続可能性証明に関する今後の動き)
7.今後の課題 など
8.意見/お名刺交換

                                                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る