本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
6
0
0
7
 
放送コンテンツ製作実務と下請法
~近時の具体的問題事例をもとに現場の実務に活かす~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年2月21日(木)   午後2時00分~4時00分
【会      場】  AP虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
【参加費用】  1名 32,200 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

虎ノ門協同法律事務所 弁護士 大橋 卓生(おおはし たかお)
 
株式会社東京ドーム勤務時代に、スポーツイベントやコンサートなどスポーツ・エンターテインメントに関する法務経験を経て、弁護士を志、現在、スポーツ・エンターテインメントの法務分野を中心に活動。また、金沢工業大学虎ノ門大学院(社会人向け大学院)にて教授としてメディア・エンターテインメント領域の研究と指導を担当。
NPO法人エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事、(公社)日本オリンピック委員会評議員、(公社)学生野球協会理事等を務める。
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  平成15年の下請法改正により「下請取引」に「情報成果物作成委託」として放送コンテンツの製作取引が含まれるようになり、平成21年には総務省より「放送コンテンツの製作取引適正化に関するガイドライン」が策定され、公正取引委員会の調査等が実施され、放送コンテンツの製作取引の適正化が図られてきた。しかしながら、平成30年6月4日付の内閣府規制改革推進会議決定によれば、①制作現場の問題はいまだ解決していないこと、②著作権の無償譲渡等優越的地位の濫用が問題なり得る事例も指摘されています。
  本講演では、いま一度、下請法の基本的な理解を確認し、具体的な事例を通じて放送コンテンツ取引実務においてのあり方、留意点を検討します。
   
    1.下請法とは
     (1)対象となる取引
     (2)情報成果物とは
     (3)親事業者の義務
     (4)下請法の執行
    2.下請法違反事例
    3.優越的地位の濫用
     (1)優越的地位の濫用とは
     (2)違反事例
     (3)下請法規制との相違
    4.近時の問題事例
    5.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る