本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
7
9
9
9
 
【国内外最新ビジネス30社】
自動車×新ビジネス2019
~音声アシスタント元年、MaaS・CASE時代の先端各社の将来構想~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年3月28日(木)   午後3時00分~5時00分
【会    場】  紀尾井フォーラム 千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート
【参加費用】  1名 33,600 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

 株式会社野村総合研究所 グローバル製造業コンサルティング部
上級コンサルタント 下 寛和(しも ひろかず)

  
トヨタ自動車、大手日系コンサルティング会社を経て、2014年に野村総合研究所に入社。自動車産業を中心に、新事業開発やグローバル市場調査、ビッグデータ分析等を支援。中央経済社「事業を創る(共著)」、東洋経済新報社「ビジネスリーダーのためのデジタルエコノミー競争戦略」、野村総研グループ情報発信誌「知的資産創造」など、対外発表の実績多数。
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  自動車業界では、MaaSやCASE、クルマの知能化などの言葉が飛び交い、クルマを活用したモビリティサービスやプラットフォームビジネスを志向する企業が増えています。
2019年1月に米国で開催されたCESを振り返っても、今年は「音声アシスタント元年」と呼ばれ、NuanceやAmazon、Google等のIT系プレイヤーが自動運転に次ぐ新たな競争軸を自動車業界にもたらしました。また、ボッシュやZF等OEM以外のプレイヤーが次々とMaaSやライドシェア市場への参入を発表しており、今後、各社が同じようなマーケットを狙って、陣取り合戦を繰り広げていく様相も伺われます。
  係る状況の中、今回は自動車OEM、サプライヤー、IT系プレイヤーの動きを網羅的にカバーして、2018年下期から2019年上期に登場した国内外の最新ビジネスやキーテクノロジーを中心に事例を多数紹介し、何が新事業の成功要因となるかを探ります。
  自動運転やブロックチェーンを組み合わせたトヨタの「MaaS」の終着点、日産やAudiが「xR」で実現する自動運転時代の顧客価値、NuanceがDragon Driveでデファクト化を進める「音声アシスタント」の今後、Prime会員で囲い込むAmazonの「自動車プラットフォーム戦略」、ホンダの「RaaS」(Robotics as a service)とクルマの融合など、各社の将来構想も分かりやすく解説します。


   1.NRIの自動車業界へのアプローチ
   2.自動車業界の最新トピックス
   3.2019年の最新ビジネス30社
   4.自動車×新ビジネスのKSF(成功要因)
   5.質疑応答/名刺交換

                                                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る