本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
8
5
9
5
 
マスメディアとネットメディアの基本知識と実務対応
~報道・取材の熟知と対応の仕方~
 
 
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!
 
 
  《開催・参加要領》
 
        
【開催日時】 2019年3月26日(火)   午後2時00分~午後5時00分
【会      場】 港区新商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】 1名につき32,400円  (資料代・税込) 
【支払方法】 申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします
     
 

  【講   師】
 
          
藤江 俊彦 (千葉商科大学名誉教授・大学院客員教授)

慶応義塾大学法学部卒 官公庁各種委員を歴任。(一社)日本経営管理学会副会長、危機管理システム研究学会前会長・顧問等。学会賞受賞論文各種。「第五版・実践危機管理読本」(日本コンサルタントグループ)など著書多数。
 
             
 
     
 

  
  【重点講義内容】
 
              ネットメディアがソーシャル化してもニュースの真実を知るには今でもマスコミの信頼は高く影響は強いものがあります。ネット炎上のきっかけもマスコミ報道が契機となる事が少なくありません。
  そこで新聞、テレビなどまずマスメディアのもつ特徴を知り、それに適したアプローチを学びます。またニュースに取り上げてもらう情報ネタや方法として、プレスリリースのつくり方、記者発表の仕方やノウハウを分かりやすく最近の事例を交えながら解説いたします。
             
 
      
        
 
 Ⅰ マスメディア・ネットメディアの種類と特徴を知る
   1 ネット時代でも信頼度高いマスコミ報道
   2 マスコミ媒体と日本の特徴
   3 新聞メディアと新聞社
   4 雑誌メディアと出版社
   5 テレビメディアとテレビ会社
   6 ラジオメディアとラジオ会社
   7 通信社の仕事と役割
   8 インターネット報道協会とネットメディア
   9 キューレーション(まとめ)サイト
 Ⅱ ニュースに取り上げてもらうには
   1 パブリシティとは何か
   2 ニュースになる要素
   3 情報発信の仕方(個別取材と記者発表)
   4 プレスリリース作成の留意点
   5 個別取材対応の留意点
   6 記者発表の仕方(会見、懇談会、説明会、見学会等)
 Ⅲ 記者会見の進め方と対策
   1 記者クラブと発表連絡
   2 発表の場所(自社内か公共施設等か)
   3 開催準備(会場設営、受付記録等)
   4 発表声明文と想定質問シート
   5 司会者、会見者(スポークスパーソン)選びと役割
   6 会見者の服装、表情、入退室、礼、声調等
   7 質疑応答のポイント
   8 映像中心のテレビへの注意
   9 会見後のウェブサイト(HP)
  10 ネット報道、ブロガー向け会見の開催
  11 誤報道対応
  12 ネットでの炎上対策
                                                                                                                             
 
 
 
 
          
   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る