本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
8
5
9
5
 
自動車の電動化と車載用電池開発およびビジネスの最前線
~自動車業界の戦略、電池業界の競争力、サプライチェーンの実態等~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年4月15日(月)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  
港区立商工会館会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,400 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

名古屋大学 客員教授
エスペック株式会社 上席顧問 佐藤 登 (さとう のぼる)
 
1978年 横浜国立大学大学院 工学研究科修士課程修了
同年 本田技研工業㈱入社、1979-1989年 腐食防食技術の開発に従事
1988年 腐食制御機構研究と技術開発成果により東京大学工学博士
1990年 ㈱本田技術研究所 和光基礎技術研究センター エネルギー研究に従事、アシスタントチーフエンジニア、1992年 チーフエンジニア、1993年 同社和光研究所 マネージャー、1995年 同社栃木研究所 チーフエンジニア、1997年 名古屋大学工学部非常勤講師併任
2002-2004年 「先進自動車用電池国際会議(AABC)」第2回~第4回セッション・チェアマン委嘱
2004年9月 サムスンSDI Co., Ltd.に Vice President(中央研究所 常務)として入社
2005年 国立大学法人 東京農工大学 客員教授 併任
2009年9月 本社経営戦略部門へ異動と同時に東京勤務
2007-2018年  (公財)総合工学振興会財団選考委員併任
2012年12月 サムスンSDI Co., Ltd.退社、エスペック㈱上席顧問
2014-2017年 (独法)科学技術振興機構「次世代革新電池の中長期戦略研究」委員
2011年-現在 国立大学法人 名古屋大学 客員教授 併任
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  モバイル用リチウムイオン電池(LIB)は電池業界の収益性が低下し、各社の苦戦が続いています。一方、車載用LIBは、世界中で電動化の加速が進む動きにあり、活発な開発、ビジネスモデルの確立、サプライチェーン、アライアンスを含めてダイナミックな展開がなされています。特に、1990年に発効した米国ゼロエミッション自動車(ZEV)規制は2018年に大きな変化点を迎え、ZEVの定義変更と規制が一段と強化されます。併せて、中国のNEV(New Energy Vehicle)規制も18年から類似した内容で発効する予定で、自動車業界には大きな負荷がかかっています。現在、自動車各社がどのように対応しようとしているのか、それを受けて電池各社はどのような戦略で応えようとしているのか、そして各業界の競争力も比較します。
  1990年のZEV規制を受けて、自ら電池研究機能をホンダ内に創設し、それ以降、サムスンSDIで技術経営に携わった経験から、自動車業界と電池業界を客観的に俯瞰し、今後のあるべき方向についても解説します。
 
1.リチウムイオン電池(LIB)の現状と今後の展望
2.車載用LIBの業界動向
   2.1 米国ZEV法規発効からの電動化の流れ    
   2.2 車載用電池の事故・リコールの歴史
   2.3 各国の環境規制と電動化の加速    
   2.4 各国の電池産業の現状と課題
   2.5 電池業界における競争力比較   
   2.6 中国の政策に翻弄される自動車業界・電池業界
3.自動車各社のLIB搭載事例
   3.1 トヨタ自動車       
   3.2 ホンダ   
   3.3 日産自動車     
   3.4 三菱自動車   
   3.5 マツダ    
   3.6 欧州自動車各社の電動化計画   
   3.7 電動化に関する自動車各社の競争力比較
4.LIB部材業界のビジネス動向と今後
   4.1 LIB部材の変遷     
   4.2 各社投資戦略
5.安全性評価と受託試験・認証事業
   5.1 国連規則と認証事業   
   5.2 エスペックの受託ビジネス・認証ビジネス
   5.3 ECE R100 Part IIの項目と事例
6.次世代革新電池の研究開発状況と課題
   6.1 期待される次世代電池    
   6.2 全固体電池の現状と課題   
   6.3 基礎研究のあるべき姿
7.業界間ネットワークによる競争力強化策

                                                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る