本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
2
0
2
~ブロックチェーン技術・エネオク、ローカルVPP・地産地消・電力融通・国土強靱化など~
電力・エネルギーにおける
脱炭素ビジネス イノベーション現状と可能性

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年4月18日(木)   午後1時30分~4時20分
【会      場】  
港区立商工会館会議室 東京都港区海岸1-4-28 
【参加費用】  1名 32,400 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

[重点講義内容]

  エネルギービジネスは、パリ協定、デジタル化の流れの中で、新しい局面を迎えています。電力自由化と再生可能エネルギーの連携。エネルギーとブロックチェーンの国内外ビジネスモデルの誕生。分散エネルギーと国土強靭化の新たな関係、再エネと蓄電池の導入、一括受電や地域内の電力移動にブロックチェーンの情報を活用など、新たなエネルギービジネスの模索が始まっています。
  本セミナーでは、激変するエネルギービジネスイノベーションの最前線について紹介します。企業の経営者、企画部門の責任者、技術部門のリーダーの皆様に、価値ある知見をお届けするものと確信しています。

下記の項目で講義をすすめます

Ⅰ.電力自由化と再生可能エネルギーの連携がもたらす未来 【13:30~14:20】

 株式会社エナーバンク 代表取締役 村中 健一(むらなか けんいち)
      
 
慶應義塾大学・大学院でシステム最適化工学を研究。ソフトバンクに入社し技術統括にてバックボーンネットワークに関わる。経済産業省の大規模HEMS実証にてプロジェクト主担当を経験し、2016年電力自由化で通信と電力連携プロダクト開発リーダーとして推進。その後、起業し法人向け電力オークション「エネオク」を開発・運営。リリース2ヶ月で取扱額3億円を突破、エネルギーテックを武器にビジネスの最前線で活躍中。
                                                                                                                                                      
1.日本で想定されるエネルギーの未来と課題
2.実際にベンチャーが電力オークション”エネオク”を運用して見えた電力自由化の競争の現場
3.小売マーケットと再生可能エネルギーのニーズ
4.テクノロジーによりエネルギー領域はどうアップデートされていくか
5.エネルギー業界に優秀な若者、技術者を巻き込むために必要なこと
                                                                                                                                            

Ⅱ.エネルギーとブロックチェーンビジネスの最前線 【14:30~15:20】

RAUL株式会社 代表取締役 江田 健二(えだ けんじ)
 
富山県砺波市出身。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画。その後、起業。主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすく広くつたえること」「デジタルテクノロジーと環境・エネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆/講演活動などを実施。一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人エコマート運営委員、一般社団法人CSRコミュニケーション協会理事を兼務。 専門分野は 「環境・エネルギー」「デジタルテクノロジー」。

                                                                                                                                                    

1.変化を加速させる3つのキーワード
2.プロシューマー トークンエコノミー エネルギー情報資産
3.変化するビジネスモデル
4.2039年のエネルギー像
                                                                                                                                           

Ⅲ.地域環境のための「頼りになる分散エネルギー」の現状と実現化 【15:30~16:20】

(株)スマートエナジー研究所 ファウンダー
  DELIA 代表   中村 良道(なかむら よしみち) 
 
分散エネルギーの企画・開発に25年以上携わる。その経験から、再生可能エネルギー自立へ向けて「地産地消型 電力融通を実現」するローカルVPP(仮想発電)のプロデュースを行う。2018年ブロックチェーンを活用した分散型エネルギー情報基盤アライアンス(DELIA)を立ち上げた。ブロックチェーン技術が分散エネルギーの「ビジネスと技術」をつなげ新市場創出をもたらすとの信念のもと活動している。芝浦工業大学 工学部 非常勤講師。
                                                                                                                                                     
1.ブラックアウトし難い分散エネルギーの実現は可能か?
2.国土強靭化と再生可能エネルギーの新たな関係
3.頼りになる分散エネルギーを実現するには
4.ブロックチェーン技術でばらばらの分散エネルギーを同期させる(ローカルVPP)
5.再生可能エネルギーの自立へ向けて
                                                                                                                                                 

お申込フォーム

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る