本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
7
9
7
3

こじらせない労務・人事トラブル 初動対応ポイントと解決テクニック

 
~労務管理の無防備をつかれた問題発生時~
こじらせない労務・人事トラブル
初動対応ポイントと解決テクニック
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年6月11日(火)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  港区立新商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28(JR浜松町駅 徒歩7分)
【参加費用】  1名 32,400 (税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

弁護士   岸田 鑑彦(きしだ あきひこ)
杜若(かきつばた)経営法律事務所(旧 狩野・岡・向井法律事務所)パートナー 

慶應義塾大学法学部法律学科卒業    明治大学法科大学院修了
平成21年弁護士登録(第一東京弁護士会)   経営法曹会議会員
訴訟、労働審判、労働委員会等あらゆる労働事件の使用者側の代理を務めるとともに、労働組合対応として数多くの団体交渉に立ち会う。
企業法務担当者向け、社会保険労務士向けの研修、セミナー講師を多数務めるほか、「ビジネスガイド」(日本法令)、「先見労務管理」(労働調査会)、「安全と健康」(中央労働災害防止協会)、「月刊経理ウーマン」(研修出版)、労働新聞社など数多くの労働関連紙誌に寄稿。著書に「労務トラブルの初動対応と解決のテクニック」(日本法令)がある。
【iTunes Podcastにて情報配信中】 岸田鑑彦の『間違えないで!労務トラブル最初の一手』
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  働き方改革時代に突入し、時間外労働の上限規制、同一労働同一賃金、人手不足による現代型問題社員の出現等々、労働問題に発展する可能性のある火種が増え、また、人手不足も影響して労働者の使用者に対する意識に変化が生じています。それだけでなく、労働事件に対する裁判所の意識も変わってきたように思います。時代や労働者の意識の変化に応じて、企業も従業員との向き合い方や労働問題の初動対応を柔軟に変化させていくことが求められています。
  本セミナーでは、使用者側労務専門弁護士である講師のこれまでの経験をもとに、トラブルの場面ごとに、初動対応のポイントやそれを踏まえた問題の解決方法について解説いたします。
 
Ⅰ.現代型問題社員との向き合い方
Ⅱ.こんなとき、どうする?
    労働者からの要求や申し出に対する適切な返事とは
Ⅲ.メンタルヘルス不調者への対応
    労災の事業主証明を求められたらどうする?
Ⅳ.違法な退職勧奨に注意。円満な退職勧奨の方法とは
Ⅴ.未払い残業代問題の最新の状況
Ⅶ.働き方改革時代に起こり得る労務トラブル
    年次有給休暇に関する諸問題、うっかり上限規制違反等について
   Ⅷ.その他/質疑応答/名詞交換
                                                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る