本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
7
9
7
3

中部電力における技術開発とイノベーション

 
中部電力における技術開発とイノベーション
-ブロックチェーン技術やスマートメーターデータの活用の最新事例
-注目される個人間の電力取引プラットフォームの開発状況
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年5月21日(火)   午後2時00分~4時00分
【会      場】  紀尾井フォーラム 千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
【参加費用】  1名 32,000 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

中部電力株式会社 技術開発本部 技術企画室企画グループ課長
兼 技術革新推進ユニットリーダー 市川 英弘
(いちかわ ひでひろ)
 
中部電力では、電力の安定供給と言った変わらぬ使命の完遂と、新たな価値の創出を同時達成すべく  目標にチャレンジしており、技術開発部門においてもIoT、AI、ブロックチェーンなどをイノベーションに不可欠な技術と位置づけ、国内外のスタートアップ企業との連携を強めている。
本講義では、電力分野におけるブロックチェーン技術の活用を中心に、中部電力におけるブロックチェーン技術やスマートメーターデータの活用事例を紹介し、今後の進展が注目される個人間の電力取引プラットフォームの開発状況等について解説する。
                                                                                                                                                

重点講義内容

  2016年4月の電力小売全面自由化からはや3年が経過しようとしています。その間、競争が激化すると共に、容量市場の導入等市場・ルールの整備に関する制度的措置についての議論が進められ、間接オークション制度など一部は既に導入が進められております。
これらの各種制度的措置は、電力市場に参加する事業者の実務に直接影響を与えることから、その影響を把握し、早急に対応を検討することが、新たな事業環境の下において電力ビジネスを行う上で非常に重要となります。
  そこで、本セミナーでは、各種関連する審議会に委員としても参画する電力システム改革に深い知見を有する弁護士が、これらの制度的措置に伴う実務的な留意点と今後の方向性について解説します。

 
    1.中部電力の経営ビジョンと技術戦略
    2.電力分野におけるブロックチェーンの活用

     (1)ブロックチェーンの一般知識
     (2)電力分野におけるブロックチェーンのユースケース
     (3)P2P取引が伸びない要因
    3.中部電力における実証研究の紹介
     (1)ブロックチェーンの実証研究の紹介
     (2)スマートメーターデータの活用の紹介
    4.競合他社・国のブロックチェーンの取り組み概況
     (1)各社の取組みと実証事業概要
     (2)今後の展開と必要とされる取り組み
    5.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る