本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
8
5
9
5

テレビ番組制作、二次利用の権利処理とクレーム・出演者不祥事対応の実務

 
テレビ番組制作、二次利用の権利処理と
クレーム・出演者不祥事対応の実務

~対事業者・視聴者・BPO等への具体的対応策~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年5月31日(金)   午後3時00分~5時00分
【会      場】  SSKセミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
【参加費用】  1名 32,800 2名目以降 1名につき27,000(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

レイ法律事務所 統括パートナー弁護士 河西 邦剛 氏
                                             弁護士 舟橋 和宏 氏
                                             弁護士 菅原 隼人 氏
 
河西 邦剛(かさい くにたか)氏 
レイ法律事務所統括パートナー弁護士。映像制作における法律問題を取り扱う。音楽著作権に関する訴訟等の法的手続きに多数の実績。芸能人の権利を守るエンターテイナーライツ協会の共同代表理事。第3回~第6回ライブエンターテイメントEXPOに出展。2011年 早稲田大学人間科学部情報科学科卒業
 
舟橋 和宏(ふなばし かずひろ)氏   
レイ法律事務所弁護士。河西弁護士と共に商標等知的財産に関する法律問題を取り扱う。2010年 明治大学法学部法律学科卒業。 2014年 弁護士登録
 
菅原 隼人(すがはら はやと)氏 
レイ法律事務所弁護士であり、エンターテインメントに関する法律分野を中心に取り扱っている。
                                                                                                                                                

重点講義内容

  映像制作は、著作権、肖像権をはじめ様々な法的権利やBPO等放送上のルールが関係するコンテンツです。そのため、映像制作にあたっては「誰から、どのような権利について許諾を取るべきか」を把握することが不可欠です。権利の取得方法は、契約書、メール、口頭、さらには慣習、様々な方法がありますが、どのような方法が良いのかについて具体的なメール案を紹介しながら解説します。

本講演では、番組制作に携わった経験を有する弁護士が、2018年夏に大ヒットした映画「カメラを止めるな!」を題材に、著作権法上「原作」と「原案」は何が異なってくるのか。「原作」であると二次的、三次的著作物にも権利が及ぶのか?今話題のテーマをもとに、映画・ドラマの制作と著作権について解説します。
  また、テーマごとに蓄積された事例を紹介しながら日々寄せられるクレームに対し、いかに対応していくべきかを解説します。
  さらに、出演者の逮捕等、出演者の不祥事が発覚した際の具体的対応策についても解説します。
 
      1.「原作」「原案」の違いから生じる著作権法上の差異は?
            何が原作で何が原案なのか?具体的事例をあげながら解説します。
      2.「原作」の権利はとても強い権利?常に許諾が必要なのか? 二次利用についての検討
           原作をドラマ放送する、さらにドラマをDVD化する。原作を舞台化する、さらに舞台化したものを
           映像化する、著作権法上の二次利用とは一体何なのか?著作権法上も難解と言われる著作物の二次利
           用について解説します。
      3.映画製作・ドラマ制作においては「誰から」「どのような権利」を取得するべきか
           原作者、脚本家、音楽家、監督、制作スタッフ、映像制作には多数の関係者が関わりますが、誰がど
           のような権利を持っているのか、誰からどのような権利を取得しておけば安心なのか解説します。
      4.放送後のクレーム対応の実務?
           実際にテレビ局や制作会社に寄せられたクレームを基に、クレームへの対応方針について解説しま
           す。
      5.出演者の逮捕=お蔵入りなのか?
           昨今問題になっている出演者の不祥事が発生した場合の対応策について具体的に解説します。
      6.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る