本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
8
5
9
5
 
高まる自動運転への安全・安心で人に優しいモビリ ティの創出を目指す
次世代モビリティ技術の最新動向と今後の展望
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年6月24日(月)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  
港区立商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,200 (資料・税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

 
東京大学大学院 生産技術研究所
   次世代モビリティ研究センター 教授 中野 公彦
(なかの きみひこ) 氏 
 
力学制御を専門とし、アクティブサスペンションの研究を通じ自動車技術に携わる、その後山口大学で医療工学の研究に従事したのち、人間工学面から自動車の研究を行うようになり、文芸春秋2017論点にて自動運転「実用化」を超えるハードルを執筆。
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  自動運転などにより、今までの自動車とはあまり関連のなかった情報通信、データサイエンスの分野の技術が自動車の進化に大きな影響を与えるようになりました。
 自動車産業は市場規模が大きいだけに変革は様々の分野に波及することが予想されています。
本セミナーは、これらの次世代のモビリティに期待される技術の紹介を行うとともに社会受容性ビジネスなどへの影響についても触れ将来展望について考察します。
   
Ⅰ.自動運転技術とは
   1 自動運転とは  
     2 自動運転の基本技術
   3 実用化された自動運転技術
Ⅱ.ラストマイル自動走行
   1 ラストマイル自動走行とは  
     2 自動走行バスの基本技術
   3 実証実験  
     4 ラストマイル自動走行の今後
Ⅲ.トラックの隊列走行
   1 隊列走行とは  
     2 隊列走行の基本技術
   3 隊列走行の今後
Ⅳ.課題と展開
   1 技術的課題  
     2 社会受容性
   3 ビジネス展開  
     4 超えるべき課題と今後の展望
Ⅴ.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る