本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
2
0
2
 
開発進む諸外国に対し我が国開発第一人者が目指す
EV用リチュウムイオン電池の特性、要素技術と世界市場動向
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年7月16日(火)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  
港区立商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,200 (資料・税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

 
株式会社 オザワエナックス   代表取締役 小沢 和典  
 
1967年 東京大学物理工学科卒業 1972年 米国ペンシルバニア大
金属工学修士課程 1982年 東北大学工学博士学位授与
1967年 ソニー(株)入社 リチュウムイオン二次電池等の開発及び生産技術を担当  戦略本部部長、電池事業本部本部長
1991年 リチュウムイオン二次電池の実用化(世界初)
1996年 ソニー(株)退社、エナックス(株)設立 
2014年 エナックス(株)退社、
2014年 オザワエナックス設立 現在の至る
「書籍」「世界のリチュウムイオン電池産業と市場動向」2015年CMCリサーチ他
                                                                                                                                                   

重点講義内容

   リチュウムイオン電池は日本のソニーが世界で初めて開発したにもかかわらず、韓国、中国の後塵を拝している。全ての技術及び産業は常に流動的であり、その地位を保つためには深い洞察と革新がなければならない。中国では巨大工場と共に安全性を高めるための新たな動きが出きた。しかし既にインドをはじめとする東南アジア諸国でも急速に成長しつつある。
  本講座ではリチュウムイオン電池の生の親である本人をもう一度世界のリーダ―にするための考え方と行動の指針を与える。
       
     1 リチュウムイオン電池の基本特性
     2 世界のEV事情
     3 EV用リチュウムイオン電池に求められる特性
     4 部材に求められる特性
     ・正極材
     ・負極材
  ・セパレータ
     ・関連部材
     5 製造法の改善
     ・塗布工程(溶剤系、水素、塗布高速化)
     ・組立て工程(ドライルームの簡略化。金型高速化)
     ・評価工程(エージング,評価項目)
     6 EVの多様化と将来
     ・Mild Hybrid,Hybrid,Plug-in Hybrid Battery EV
       ・Fuel Cell EV
       ・小型、大型、乗用車、商用車。遠距離バス
     7 日本の進むべき道
     ・ガラパゴスを避け世界を見る
     ・日本の特性を生かす
     8 総合力 質疑応答
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る