本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
9
8
2
 
【世界最大の産業カンファレンス「MIT SSAC 2019」から見る】
世界のスポーツビジネス最新トレンドと日本の針路
~IT化/規制緩和の進展と大規模再編、アマゾン等ビッグプレイヤーの動向~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年6月26日(水)   午後3時00分~5時00分
【会      場】  紀尾井フォーラム 千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
【参加費用】  1名 32,400円 2名目以降 1名につき27,000円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

一般社団法人 日本スポーツアナリスト協会
            産業連携デイレクター 執行役員 石井 宏司
(いしい こうじ)
 
1997年にリクルートに入社し、インターネット関連の新規事業、エンタテイメントの新規事業、地方創生コンサルティング、人材コンサルティング、事業再生などに従事。その後、野村総合研究所にて経営コンサルティング、スポーツマネジメントコンサルティングに従事。アメリカにてスポーツ×ITのテーマのカンファレンスに多数参加。現在はスポーツ産業の成長発展、スポーツ新規事業の立ち上げ、スポーツベンチャーのマッチング、スポーツ都市再生などを実施中。
                                                                                                                                                

重点講義内容

 

  スポーツテック、スポーツビジネスの最先端事例が紹介される世界最大のスポーツ産業カンファレンス「MIT Sloan Sports Analytics Conference(SSAC) 2019」(3月1~2日にボストンで開催)。米4大スポーツのリーグ、チーム幹部、選手、スポーツビジネスを展開する大企業やベンチャー企業、投資家、メディア、大学関係者など、今年は世界33カ国から4000人以上が参加し、もはやスポーツ産業の「祭典」と化している。MIT SSAC 2019のトレンドを見ることで、世界のスポーツビジネスの「これから」が見えてくる。
  本講演では、世界の最新動向から日本企業が進むべき進路を考察する。
 
          1.MIT SSACとは何か
          2.欧米はテクノロジーの導入から実用へ:導入の結果出てきた課題の解決
          3.グローバルプレイヤーによるコンテンツビジネスの大規模再編
          4.ベッティング解禁とIT整備の促進
          5.アマゾンAWSによるスポーツビジネス事例
          6.クラブのブランド化戦略
          7.新たなチケッティング戦略
          8.リアルタイム解析が当たり前の時代に
          9.日本は今後どうするか
       10.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る