本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
9
7
8
 
資源エネルギー庁ERAB検討委員、電力広域的運営推進機関・需給調整市場検討小委員会委員を務める
エナジープールジャパン株式会社代表取締役社長 市村 健氏 が解説する
電力ビジネスを設計する需給調整市場の概況と今後の展開
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年8月26日(月)   午後1時45分~3時45分
【会      場】  
港区立商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,200 (資料・税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

 
エナジープールジャパン株式会社  代表取締役社長  市村 健(いちむら たけし)

1987年 慶応大学卒業 東京電力入社 1995年 米ジョージタウン大学院MBA終了 本店原子燃料副長、
総務部GM、神奈川支店部長などを経て2014年6月退職
同年7月シュナイダーエレクトリック・デマンドレスポンス事業部ディレクター(エナジープール日本法人設立統括) 
2015年6月より現職。
現在資源エネルギー庁ERAB検討会委員、電力広域的運営推進機関・需給調整市場検討小委員会委員を務める。
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  需給調整市場は一般送配電事業者が周波数調整や需給バランスを行うため必要な調整力を市場を通じて効率的に調達・取引することを目的としています。現在2021年開設予定(一部2021年度から)で詳細設計が進められており、発電事業者をはじめ、大口需要家、トレーダーなど新規参入事業者の増加が期待されており大きなビジネスチャンスになりつつあります。
  本セミナーでは、現在資源エネルギー庁ERAB検討会委員、電力広域的運営推進機関・需給調整市場検討小委員会委員をも務める同氏により解説を進めます。
 
      1 電力システム改革の目玉「容量市場」と「需給調整市場」
2 需給調整市場の必要性
3 kW価値、kWh価値、△kW価値
4 調整力公募との関係性
5 現在議論されている商品設計とその特徴
6 海外の事例(フランス)
7 DR(ディマンドレスポンス)の役割
8 今後の時間軸と市場の方向性
9 質疑/名詞交換
                                                                                                                                                 
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る