本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
9
4
2
3
 
「情報銀行」の概況と個人データ利活用のポイントと課題
~国内外動向と事業検討上の将来課題を考察~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年8月27日(火)   午後1時45分~3時45分
【会      場】  
港区立商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,200 (資料・税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
常務理事 坂下 哲也
(さかした てつや)
OS 等の開発に従事した後、2003 年財団法人データベース振興センターにおいて、地理空間情報の利活用に関する調査研究に従事。2006 年財団法人日本情報処理開発協会データベース振興センター副センター長、2012 年一般財団法人日本情報経済社会推進協会・電子情報利活用研究部部長に就任し、2015 年より現職。データ活用の推進と個人情報の保護のバランスを中心に、パーソナルデータ、オープンデータ、ビッグデータ、ブロックチェーンなどデータ利用に関する調査研究に従事。また、マイナンバー制度についても、2013 年度東京都など地方公共団体の特定個人情報保護評価の支援に従事。国立研究法人審議会(JAXA 部会)臨時委員、シェアリングエコノミー認証委員会委員などを務める。情報ネットワーク法学会会員。ISO IEC JTC1 SC27/WG5
                                                                                                                                                   

重点講義内容

  産業界においてデータ利活用の動きが活発化している。一方消費者・利用者などに対する透明性を担保する仕組みとして「情報銀行」が注目されている。「情報銀行」は透明性を高め個人データを利用し消費者・利用者・社会などへ価値を還元する仕組みである。
  本講座では国際動向も踏まえ「情報銀行」の概況を解説すると供に参加者が事業検討する上での課題・ポイントを考察する。
 
       . 情報銀行について
         (ア) 情報銀行とはどのようなものを言うのか。
    . 国内外の事例
        (ア) 海外のサービス事例
        (イ) 国内の取り組み事例
    . サービス提供者の留意点
        (ア) 個人情報保護法の側面から見た場合の注意点
        (イ) その他法制度等から見た場合の注意点
    . サービス受容者の留意点
        (ア) 個人データを預ける事のメリット、デメリット
    . Society5.0 の社会と情報銀行
        (ア) 未来予想図 
    . 質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                 
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る