本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
4
9
4
2
3
 
自動運転の最新技術動向とダイナミックマップ活用の将来展望
~完全自動運転を可能にする技術の現状とダイナミックマップの可能性~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2019年8月28日(水)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  
港区立商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 32,200 (資料・税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

名古屋大学 未来社会創造機構 特任教授 二宮 芳樹(にのみや よしき)
 
 
1981年 名古屋大学工学部電子工学科 卒業 
1983年  名古屋大学大学院工学研究科電子工学専攻 博士課程前期修了 
1983年(株)豊田中央研究所入社 
2003年  同第22研究領域リサーチリーダ 
2011年  同情報エレクトロニクス研究部 部長 
2014年 名古屋大学 現職 専門 自動車の知能化、自動運転、車載画像処理、移動ロボットなど
                                                                                                                                                   

重点講義内容

    自動運転に向けての研究開発、実用化が加速している。
    本講座ではその完全自動運転を可能にする技術の現状とインパクトを解説し、その中で特に高精度地図について、その発展版であるダイナミックマップの内容とその将来の可能性について考察する。
 
    Ⅰ. 自動運転の現状
       1 自動運転の分類  
         2 自動運転の歴史
         3 自動運転の現状  ・自動運転に向けた二つのアプローチ  ・物流における自動運転
     4 自動運転への期待と課題
    Ⅱ. 一般道を走行可な自動運転(Level4)を可能にするキー技術
       0 一般道自動運転に必要な機能
       1 キー技術1:アクティブセンサ(LiDAR)とセンサ融合技術
        ・自動運転車の必要機能と搭載センサ種類とそれぞれの役割・特徴
        ・LiDARの基本構造と現状  
              ・LiDARの課題と対策
       2 キー技術2:高精度地図と位置推定技術
        ・高精度地図とは 役割と構造  
              ・位置推定
        ・高精度地図の課題と対策 SLAM技術の可能性など
       3   キー技術3 人並みの運転を実現するモデル 
              ・運転知能実現の課題 
              ・先読み運転の実現
     Ⅲ. 人を超える将来の自動運転を目指して ダイナミックマップ
      1 ダイナミックマップとは 
        ・今後の通信技術(5G等)  
              ・ダイナミックマップの可能性
      2 ダイナミックマップのロードマップ 
              ・観測結果共有ダイナミックマップ
      Ⅳ. 自動運転のOpen-Source Software “Autoware”の紹介
           1 Autowareの概要  
           2  Autowareの実装モジュールやセンサECUの対応状況
      Ⅴ. 質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                 
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る