本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
2
0
2
 
【国内外最新動向】
ローカル5Gへの期待と課題
~未開拓市場のポテンシャルと新ビジネスの可能性~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年7月26日(金)   午後3時00分~5時00分
【会      場】  紀尾井フォーラム 千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
【参加費用】  1名 32,400円 2名目以降 1名につき27,000円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

株式会社情報通信総合研究所 ICTリサーチ・コンサルティング部
上席主任研究員 岸田 重行
(きしだ しげゆき) 氏
 
1997年より情報通信総合研究所にて勤務。
専門は、海外・国内のモバイル通信全般。サービス・技術動向から企業戦略まで幅広く調査研究、コンサルティングを行う。講演、TV出演、寄稿等多数。
                                                                                                                                                

重点講義内容

  2019年春、モバイル通信事業者向けに5G周波数免許が付与されました。これと並行して、地域や産業のニーズに応じていろいろなプレイヤーが自ら5Gシステムを構築できるための周波数免許『ローカル5G』の制度整備が、現在進められています。
自営設備による無線ブロードバンドは、国内では事実上Wi-Fiでしか普及が進みませんでした。
一方、海外ではLTEを使ったソリューションも多く展開されており、国内未開拓の市場へのアプローチとしてローカル5Gへの期待が高まっています。
  また、ローカル5Gが期待通りに広がれば、日本が5Gのエリア展開でもソリューションの多彩さでも
世界から注目される可能性もありますが、課題はどうなのでしょうか。
  本講演が、ローカル5Gの将来について考える機会となれば幸いです。

    
     1.ローカル5Gとは
     2.プライベートLTEの海外事例
     3.ローカル5Gをめぐる疑問点
     4.自営BWAの位置づけ
     5.事業参入を狙うプレイヤー
     6.ローカル5G普及への課題
     7.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る