本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
9
7
8
 
車載LiDARを用いた自動運転自動車の認識技術
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年9月18日(水)   午後1時30分~3時30分
【会      場】  港区立商工会館 東京都港区海岸1-4-28  JR浜松町駅下車 徒歩8
【参加費用】  1名 32,400円 2名目以降 1名につき27,000円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

金沢大学 新学術創成研究機構 未来社会創造研究コア
自動運転ユニット ユニットリーダ 教授 菅沼 直樹
(すがぬま なおき) 氏
 
1998年 金沢大学工学部 機械システム工学科卒業
2000年 金沢大学大学院機械科学専攻 修士課程修了
2002年 金沢大学大学院博士課程修了 博士(工学)
2002年 日本学術振興会特別研究員PDを経て 同年金沢大学工学部助手に着任
2015年  異分野融合の研究を主任務とする金沢大学新学術創生研究機構に移籍
            同機構自動運転ユニット ユニットリーダ
                                                                                                                                                

重点講義内容

  現在、自動運転自動車に関する研究開発が世界各国で活発に行われている。この自動運転自動車の開発には従来人間が行っていた認知判断操作を車載センサ及びコンピュータにより代替させる必要がある。このような自動車には、不確実性のあるセンサ情報を如何に尤もらしく解析、適切な判断を行うセンサ情報処理アルゴリズムが必要となります。
本セミナーでは現在の自動運転自動車のセンシングに欠かせないセンサとなっているLiDARを一例として取り上げ、自動運転自動車周囲に存在している移動物体の運動推定手法を題材とした状態推定アルゴリズムの解説を行います、また金沢大学の実装例を交えてその他の自動運転全般の技術の概要についても解説する。

 

    Ⅰ 自動運転に関する研究動向と必要技術 
    1 自動運転の歴史
    2 自動運転に必要な技術
    Ⅱ 自動運転に用いられるセンサの概要と特徴
        1 LiDARの動作原理と特徴
        2 RADARの動作原理と特徴
        3 ステレオカメラの動作原理と特徴
    Ⅲ LiDARに基づく各種認識技術の概要
        1 LiDARを用いた走行空間認識
        2 自己位置推定
    Ⅳ 自動車の自動運転への適応
        1 自動運転システムの概要
        2 市街地公道走行実験の成果と課題
    Ⅴ 質疑応答/名詞交換

                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る