本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
1
9
9
4
 
VPP,ERAB,蓄電池等
多様化する電力の付加価値と新たなビジネスチャンス
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年9月24日(火)   午後1時30分~3時30分
【会      場】  港区立商工会館  東京都港区海岸1-4-28  JR浜松町駅下車 徒歩8分
【参加費用】  1名 32,400円 2名目以降 1名につき27,000円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

株式会社日本総合研究所  リサーチコンサルティング部門 部長
環境・エネルギー・資源戦略グループ担当  段野 孝一郎
(だんの こういちろう)
 
京都大学大学院工学研究科博士前期課程修了(工学修士)。2007年、株式会社日本総合研究所に入社。環境・エネルギー、資源・水ビジネス、情報通信・ICT分野のクライアント企業に対して、技術戦略およびマーケティング戦略の視点から、事業戦略策定、新規事業開発、事業化支援等のコンサルティングを提供している。2015年より、ディレクタとして環境・エネルギー・資源戦略グループを統括。注力テーマは「電力・ガス制度改革」、「新興国の環境・エネルギー市場」、「Post-FIT」、「エネルギー×AI/IoT」等。
                                                                                                                                                

重点講義内容

   電力システム改革により電力取引の分野では今後より一層の「市場化」が進み電力取引が生む付加価値も多様化し、様々な事業機会が生まれると考えられます。
  多様化する電力の価値と電力取引の制度設計、諸外国において登場した新たなビジネスの動向を解説し、日本における新たな事業機会とビジネスモデル、関係各社が取るべき今後の戦略を展望します。

 

Ⅰ.グローバルに進むエネルギー市場の変革
  ⑴ 再生可能エネルギーの普及に伴うエネルギー事業への影響
  ⑵ 電力市場におけるDR/VPP活用の流れ
  ⑶ 総括原価撤廃の影響~電力市場における「市場化」の意味~
Ⅱ.諸外国で生まれる新たなビジネスモデル
  ⑴ エネルギーマネジメントの新たな潮流
  ⑵ 多様化するビジネスモデル
Ⅲ.我が国における今後の展望
  ⑴ ERAB(DR/VPP)に関する政策・市場動向
  ⑵ 立ち上がりつつあるERAB事業
  ⑶ 今後の展望
Ⅳ.まとめ  質疑応答/名刺交換

                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る