本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
0
9
8
1
 
「次世代技術を活用した新たな電力プラットフォームの在り方研究会」
西村 陽 委員ご登壇
電力デジタル革命下の次世代電力プラットホームの姿
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年8月28日(水)   午後2時00分~4時00分
【会      場】  紀尾井フォーラム 千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
【参加費用】  1名 32,400円 2名目以降 1名につき27,000円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】 Profile

関西電力株式会社 お客さま本部 担当部長 
西村 陽 にしむら きよし
 
1984年4月 関西電力株式会社入社 企画・営業・秘書業務に従事
1999年4月 学習院大学経済学部特別客員教授(「エネルギー経済、日本経済、環境経済学、競争戦略」担当、現在に至る)
2001年4月 関西学院大学経済学部非常勤講師(「エネルギー経済」他担当、現在に至る)
2006年4月 大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング招聘教授(「マーケティング、競争戦略、イノベーション、エネルギー」担当、現在に至る)
主著に『電力改革の構図と戦略』(2001年度エネルギーフォーラム賞受賞)『電力自由化完全ガイド』『検証エンロン破綻』『電力のマーケティングとブランド戦略』『エナジー・エコノミクス』『にっぽん電化史①②』『低炭素社会のビジョンと課題』など多数。電気新聞紙上に「にっぽん電化史」連載中。
                                                                                                                                                

重点講義内容

  電力デジタル革命は、欧州はじめ各国エネルギービジネスに集中型から分散型、ハード中心からプラットホーム志向といった大きな構造的転換をもたらし、それを受けて日本でもエネ庁プラットホーム研等で次世代電力プラットホームの姿が検討されている。今後のわが国でのプラットホーム形成のヒントとなる英piclo(フレキシビリティ取引)、DCC(データ活用機構)、独NEXTKRAFTWERKE、加州emotorwerks等のコンセプトと日本での適用可能性、次世代電気事業の姿を考える。

           1.電力デジタル革命の現況
2.欧州市場の変化とベンチャー企業群の登場
3.DER関連のビジネス・サービス
4.モビリティ関連のビジネス・サービス
5.TSO・DSOプラットホームとフレキシビリティマーケットプレイス
6.プラットホーム研の論点と今後(日本の電力プラットホームの将来像)
7.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る