本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
1
9
9
1
 
【確立目前のローカル5G制度】
5G自営無線システムの最新動向とNICTの研究開発
~海外事例から今後の展望まで~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年9月17日(火)   午後3時00分~5時00分
【会      場】  AP虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
【参加費用】  1名 32,400円 2名目以降 1名につき27,000円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】 Profile

(国研)情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク総合研究センター
ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャ  石津 健太郎 (いしづ けんたろう
 
2005年 大学院博士後期課程修了  博士(情報科学)。独立行政法人情報通信研究機構(現在、国立研究開発法人)入所。2015年 国立研究開発法人情報通信研究機構 スマートワイヤレス研究室 研究マネージャ。10年以上にわたり、国際規格の標準化活動や国際的な実証試験に従事し、現在は同機構ワイヤレスシステム研究室において次世代移動通信システムの研究開発を主導。総務省 情報通信審議会のローカル5G検討作業班 構成員。
                                                                                                                                                

重点講義内容

 

  第5世代移動通信システム (5G) は、様々な無線通信アプリケーションを支えるインフラとしての利用が期待される。この際、現在の携帯通信事業者に加え、サービスに応じてきめ細かく柔軟に通信エリアを展開できる仕組み作りが、5G成功の鍵である。5Gにおける自営無線システムの統合はそのための大きな要素である。日本においてはローカル5G制度の確立が目前であり、海外でも関連する制度化が進行している。
  本講演では、これらの動向や今後の展望について述べるとともに、NICTにおいて実施している研究開発の成果を紹介する。
 
   1.第5世代移動通信システム(5G)
   2.ローカル5G
   3.無線ネットワーク共用
   4.ダイナミック周波数共用
   5.米国Citizens Broadband Radio Service(CBRS)
   6.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る