本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
2
7
1
8
 
EV用ワイヤレス給電技術の最新動向と今後の展開
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和元年10月23日(水)   午後1時45分~3時45分
【会      場】  港区立商工会館 東京都港区海岸1-4-28  JR浜松町駅下車 徒歩8分
【参加費用】  1名 33,00円 2名目以降 1名につき27,500円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

早稲田大学 電動車両研究所 招聘研究員 
高橋 俊輔Takahashi Shunsuke) 氏
 
1970年 早稲田大学理工学部 機械工学科卒
1970年 早稲田大学大学院 理工学研究科卒(熱力学専修)
1972年 三井造船(株)入社 商船機関設計、各種メカトロシステム営業に従事
2003年三井造船(株)退社昭和飛行機工業(株)入社 EV,電池、非接触給電の開発に従事 2013年同社退社
2003年 早稲田大学 環境総合研究センター参与、電動バスの開発に従事 
2012年参与兼客員上級研究員、非接触給電の開発に従事、2017年退職
2014年 京都大学生存圏研究所研究員、ワイヤレス給電の研究に従事同大2017年退職
2017年 早稲田大学 電動車両研究所 招聘研究員 現在に至る
                                                                                                                                                

重点講義内容

  ワイヤレス給電技術は、充電時の電源コードを不要にし、機器コネクタの安全性・防水性・防塵性の向上が見込めることと、標準規格を用いた事で、一つの給電装置を様々な端末に使用できることから大きく普及が注目されている。

 

Ⅰ EV用ワイヤレス給電システムとは
  1 最新のEV用ワイヤレス充電の動向
Ⅱ バス用ワイヤレス充電システム
  1 欧州・中国・米国でのワイヤレス充電電気バス運用事例
Ⅲ ワイヤレス給電における課題
  1 安全性の課題    
      2 標準化の課題
  3 道路上設置への課題   
      4 正着性の課題
Ⅳ 大電力充電システム
  1 EV用大電力充電システムの動向   
      2 CHAdeMOと海外規格の解説
  3 ワイヤレス給電における大電力への課題
  4 接触式超急速大電力システムの動向
Ⅴ 今後の方向性と市場
  1 走行中給電
  2 ワイヤレス給電システムの市場動向
  3 最新のEV市場動向
Ⅵ まとめ
Ⅶ 質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る