本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
5
6
2
7
 
激動する車載電池ビジネスの対峙  電動化と全固体電池
~自動車業界の戦略、電池業界の競争力、全固体電池の現状等~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2020年2月28日(金)   午後1時30分~4時30分
【会      場】  
港区立商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 33,000 2名目以降 1名につき27,500円(資料・税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

名古屋大学 客員教授   エスペック株式会社 上席顧問 佐藤 登(さとう のぼる)氏 
 
1978年横浜国立大学大学院工学研究科電気化学専攻修士課程修了後、本田技研工業に入社
1989年までは車体の腐食防食の開発に従事、社内研究成果により1988年には東京大学で工学博士を取得。
1990年本田技術研究所の基礎研究部門へ異動、電気自動車の電池研究開発部門を築く。
1999年から4年連続「世界人名事典」に掲載される。
栃木研究所のチーフエンジニアであった2004年韓国サムスングループのサムスンSDI常務に就任、
2012年サムスン退社 2013年から現職
                                                                                                                                                      

重点講義内容

2010年頃までは世界をリードしてきた我が国の車載用電池は電池各社の戦略的な投資、顧客開拓、新技術開発などによってビジネスを拡大させてきたが、韓国、中国の急速な追い上げにより、グローバル競争力では陰りが出つつあります。しかし、今後大きな期待が寄せられている次世代革新電池としての全固体電池は、研究開発面で主導権を握る日本が世界をリードしています。期待値と同様に解決すべき課題も多く、数年単位の短期間で普及するものではないことから、研究開発投資にも相応な戦略が必要となっています。
現状の電池ビジネス、技術開発動向、そして今後の次世代電池の行方について解説します。
   
   1. 自動車の電動化を加速する環境規制の変遷
   2. 各種環境規制とその重み、中国規制の方針転換
   3. 自動車各社の電動化推進状況とその戦略
   4. 電池業界の動向と競争力比較
   5. 自動車業界が見る電池業界への期待
   6. 車載用電池に起因する火災事故の事例
   7. 車載用電池の安全性・信頼性構築に向けた取り組み
   8. 次世代革新電池の取り組みと今後の展望
   9. 全固体電池の現状と解決すべき課題
10. 日本の電池産業界が再興隆するための条件
11. 質疑応答/名刺交換
                                                                                                                  
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る