本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
6
2
8
0

主催 (株)新社会システム総合研究所 支援 (株)経営コンサル セミナー

 
三菱商事/A.T.カーニー
米国LNG事業と調達最適化の論点
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  2020年4月24日(金)   午後2時00分~4時30分
【会      場】  アーバンネット神田カンファレンス
                                          東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル      
【参加費用】  1名 33,660 2名目以降 1名につき27,500(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

Ⅰ.米国キャメロンLNG事業の進捗と今後の展開  【14:00~15:00】

三菱商事(株) 天然ガス第二本部 
米州天然ガス部 部長 中 信也(なか しんや) 氏
 
1993年4月 三菱商事株式会社 入社 炭素製品部 配属
2000年6月 米Kellogg Graduate School of Business 留学(MBA)
2002年6月 エネルギー事業グループ付 経営企画・事業投資担当
2005年9月 天然ガス事業本部 新規プロジェクト開発ユニット
2007年10月 天然ガス事業第二本部 ドンギ・スノロプロジェクトユニット
2008年3月 尼PT. Donggi-Senoro LNG出向Deputy Finance Director
2013年3月 エネルギー事業グループCEOオフィス 経営企画・事業投資ユニットマネージャー
2016年3月 経営企画部
2019年4月 天然ガス第二本部 米州天然ガス部 部長
2020年4月 Diamond Gas North America Corporation President, Director (就任予定)
 
 
シェール革命を契機に大きく変容し世界最大の石油ガス生産者となった米国において三菱商事がキャメロンプロジェクトに参画しLNG開発を行うに至った経緯とプロジェクトの現状について、また今後の米国天然ガス市場がどの方向に向かって進んでいくのかについて考察します。
 
1.米国シェール革命前後での米国ガス市場について  
2.三菱商事のLNG事業の変遷について
3.キャメロンプロジェクト参画経緯と現状について  
4.米国でのガスオペレーション体制の現状について
5.今後の米国LNG開発の方向性について   
6.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                      

Ⅱ.LNG調達活動の最適化の余地と検討論点 【15:10~16:30】

A.T.カーニー(株) エネルギープラクティス 
パートナー 筒井 慎介(つつい しんすけ)氏
 
東京大学工学部機械工学科卒。
ジェーシービーを経て、A.T.カーニーに入社。エネルギー、電力、都市ガス、通信業界を中心に、事業戦略、M&A戦略、新規事業立案、シナリオプランニング等を支援。電力自由化を契機とした業界構造変化等をテーマとした講演・セミナー多数。
2013年、2014年に経済産業省資源エネルギー庁電力改革推進室(課長補佐)に出向。
2014年より2017年まで京都大学院経済学研究科 特任准教授。
 
A.T.カーニー(株) エネルギープラクティス 
プリンシパル 大島 翼(おおしま つばさ)氏
東京大学農学部生物環境工学科卒。
KEARNEYに入社後は、エネルギー業界を中心に、シナリオプランニング、成長戦略、また近年はアナリティクスを活用した電力調達・取引、資源調達の最適化、また環境変化を踏まえた資産管理の高度化等を支援。
2014年、2015年に経済産業省資源エネルギー庁電力改革推進室(係長)に出向。
 
 従来、多くのケースにおいてLNGの調達は、硬直的な条件の長期契約を中心とし、また安定供給を最優先にしつつ、最適な調達・運用を模索されてきたが、そこには更なる最適化の余地が存在しうる。分析事例も踏まえつつ、更なる最適化を考える際の論点、またその検討の進め方についてKEARNEYの考え方をご紹介する。
 
1.なぜ今LNG調達活動の最適化が求められるか   
2.LNG調達量の最適化における論点
3.LNG調達運用の最適化における論点   
4.分析・検討事例と得られた示唆
5.LNG調達活動の最適化検討の進め方    
6.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                                                                                                                 

お申込フォーム

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る