本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
7
0
8
2
 
海外部門・法務で活用する
英文メール作成のポイント
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和2年7月8日(水)   午後1時30分~4時30分
【会    場】  港区立商工会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
【参加費用】  1名 35,500円 (税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

日本工営株式会社 グローバル戦略部
弁護士 小西 かおり (こにし かおり) 氏
 
 
早稲田大学政治経済学部卒業。
西村あさひ法律事務所、双日 ㈱ 法務部を経て、現在に至る。
英検1級、TOEIC満点の英語力を活かし、国内外の法務業務を幅広く担当。
 
                                                                                                                                                

重点講義内容

グローバル化が進む現代においては、国内企業の従業員においても海外の企業とやり取りをする機会は増加しています。特に法務担当者におきましては海外の企業や弁護士との交渉、契約など多岐にわたるやり取りに英語で対応する必要があります。
本セミナーではそういった英文メールでの契約交渉に慣れていない経験の浅い担当者を対称に、よく使われる英単語やフレーズ、法務独特の言い回しを例文で解説し、日常業務から契約・訴訟などの専門的な状況に対応出来るメールの作成ポイントを詳解いたします。

 

1.英文メールの構成
 (1)英文メールのスタイル
 (2)各論(宛先から免責文まで)
2. 日常業務における英文メールの構成ポイント
 (1)自己紹介
 (2)会議
 (3)セミナー・研修
 (4)異動・担当変更のお知らせ
 (5)その他
3.法務担当が使用する英文メールの具体例
 (1)外部弁護士とのやり取り
 (2)契約書関連
 (3)訴訟・仲裁
 (4)企業買収
 (5)会社法
 (6)コンプライアンス

4.質疑応答

 

※当日講師著『法務で使う英文メール‐日常業務から契約書審査、仲裁まで‐』(中央経済社版)をテキストとして配付致します。

                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る