本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
9
5
6
9
 
◇本セミナーは選択受講いただけます◇   ■会場受講  ■ライブ受講
 
物言う株主・物言わぬ株主
株主類型別対応のあり方と経営的課題
 
 
Facebookでも、定期的に新着情報を流しています!!

《セミナー開催要領》

【開催日時】  2020年9月24日(木)   午後1時30分~4時30分 
【会      場】  港区立商法会館 会議室 東京都港区海岸1-4-28
 【ライブ受講】  お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致しますので、
                      開催日時にアクセスしセミナーにご参加ください。
【参加費用】  1名につき33,000円 (資料代・税込)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図と併せて請求書を送付いたします 

《講 師》

中西 和幸 氏 (田辺総合法律事務所 パートナー)
 
平成4年3月東京大学卒 7年4月弁護士登録 田辺総合法律事務所入所
主に会社法関連業務を中心に契約書、規程・議事録、企業再編等を共著し、
一連の改正商法/会社法詳説実務書を多数執筆
•公認不正検査士(CFE)
•経営革新等支援機関(中小企業経営力強化支援法)
•日本取締役協会専門会員
•日本CSR普及協会会員
  • 第一東京弁護士会 総合法律研究所
    会社法研究部会  金融商品取引法研究部会  倒産法研究部会  企画運営部会

                                                                                                                                                   

《重点講義内容》

 今年も定時株主総会が終わりました。以前は、株主提案をしてくる株主は、一部の特殊なファンドであったり、会社に個人的な感情を持った株主、極端な活動をする株主などか中心でした。しかし、最近は公的年金等の資産を預かり運用する等様々な背景を持つ株主がいます。
一方、それに対する会社側の対応は、こうした株主提案をしてくる株主を「アクティビスト」「物言う株主」と十把一絡げにしてしまう風潮も見受けられます。その背景には、「アクティビスト」と「アクティブファンド」「アクティブ運用」といった用語が混同されてしまうことがあります。
しかし、実際には、株主には色々な運用方針や活動方針があり、アセットオーナーの有無、保有株式数、運用方針、保有期間、議決権行使方針、株主総会出席の有無等、様々な違いがあります。
 本セミナーでは、株主に対して正しいスタンスで向き合うことができるよう、株主の特徴を様々な角度から分類し、また株主総会での影響にも目を配りながら、類型ごとの対応のあり方を実務的な検討いたします。
 
Ⅰ 様々な株主・投資家
 1.昔の分類  
   2.最近の分類する要素
 3.株主・投資家の特徴が現れる場面
Ⅱ 「物言う」株主・投資家の分類
   1.アクティビスト 
   2.アクティブ投資家・アクティブファンド
   3.グリーンメーラー 
   4.アクティブではない株主・投資家
Ⅲ グリーンメーラー対策
   1.グリーンメーラーの特徴 
   2.グリーンメーラーの手法
   3.グリーンメーラー対策
      (1) 買収防衛策は有効か   
      (2) 正常な買収との差はどこに?
      (3) グリーンメ-ラーを正しく「嫌がる」
Ⅳ アクティビスト対策
 1.アクティビストとは?
  (1) アクティビストの特徴 
      (2) 海外におけるアクティビストの動向
 2.アクティビストの活動と対策
  (1) 株式取得 
      (2) 株式取得後 
      (3) 株主提案
  (4) 会社との交渉 
      (5) 株主提案 
      (6) 議決権行使 
      (7) その他
 3.アクティビスト対策の留意点
Ⅴ アクティブ投資家とパッシブ投資家
 1.アクティブ投資家
  (1) アクティブファンドの特徴  
      (2) アクティブファンドの活動
   (3) アクティブファンド対策
 2.パッシブ投資家
  (1) パッシブファンドの特徴 
      (2) パッシブファンド対策?
Ⅵ 個人株主・投資家
 1.分類 
      (1) 保有目的 
      (2) 投資手法 
      (3) 会社との関係
 2.会社との関わり
      (1) 通常期 
      (2) 個人向けIR説明会 
      (3) 株主総会  (4) その他
Ⅶ 究極の株主対策・上場廃止
   1.上場廃止の理由 
   2.上場廃止の手続
   3.上場廃止はバラ色か 
   4.なぜ上場しているのか
Ⅷ その他の株主 
Ⅸ 今後の株主総会  その他質疑応答

                                                                                                                                                 

お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る