本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
5
9
5
7
1

主催 (株)新社会システム総合研究所 支援(株)経営コンサル セミナー

 
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇
  ■会場受講  ■ライブ配信    ■アーカイブ配信(開催日の2~5日以降)
【急速に国内外で拡がり、リブラはもはや過去のものに】
CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の衝撃
~現金の電子化、電子マネーの陳腐化時代の到来~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和2年10月8日(金)   午前10時~12時
【会      場】  
SSK セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
【参加費用】  会場受講:35,420円 ライブ受講:33,220円(いずれも税込み)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図・視聴用URLと併せて請求書を送付いたします

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

公益財団法人 国際金融情報センター シニアアドバイザー
メディアコンサルタント 山崎 秀夫(やまざき ひでお)氏
 
東京大学経済学部卒。1986年 野村総合研究所入社
【専門領域】 情報戦略論、情報組織論、情報分析論、ナレッジマネジメント、ネットコミュニティ論、ソーシャルメディアマーケティング論、ソーシャルネットワーキング研究。
【主な著書】 「ナレッジ経営」(野村総研出版、日本ナレッジマネジメント学会研究奨励賞)、「ソーシャル・ネットワーク・マーケティング」(ソフトバンク出版)、「SNSマーケティング入門」(インプレスR&D)、「ネット広告がテレビCMを超える日」(マイコミ新書)、「スマートテレビで何ができるか」(翔泳社)、「スティーブ・ジョブズがデザインしていた未来」(ペンネーム川北蒼、法令出版社)
                                                                                                                                                

重点講義内容

コロナウイルス感染症が世界に広がる中、中国、スウェーデンなど幾つかの中央銀行でCBDCと呼ばれる中央銀行発行デジタル通貨の本番移行前・実証実験が始まり、国内でも7月、日銀が技術レポートを出し、日本政府は骨太の方針に中銀発行デジタル通貨調査を明記した。また、この動きはJPモルガンチェースなど民間銀行のデジタル通貨発行にも及んでいる。米国政府では感染症対策給付金の配布に当たって、民主党が口座型CBDCの利用を提案した。電子マネーを含めて伝統金融を陳腐化すると言われているデジタル通貨の動きは最早、フェイスブックのリブラさえ過去のものとしようとしているかのようだ。
本講演は、口座型かトークン型かのCBDCなどデジタル通貨の技術選定や法律上の問題、帳簿上の課題、災害時などのオフラインでの利用、民間金融サービスへの大きな影響などについて説明する。
 
1.口座型電子マネーの陳腐化、デジタル通貨時代の始まり
(1)リブラが火をつけたデジタル通貨への動き
(2)保守的なドイツ銀行がデジタル通貨時代の到来を宣言
(3)日銀によるCBDC、民間デジタル通貨の分類
    /ホールセール取引用、一般小売取引用/直接発行型、間接発行型
(4)トークン型か口座型かCBDCの技術論争
(5)CBDCとオフライン利用
(6)CBDCの認証と帳簿付け

2.様々なデジタル通貨の事例
(1)スウェーデンで進むCBDC実証実験
(2)現金の置き換えを叫ぶ中国CBDCデジタルレンミンビは2021年頃本番へ
(3)口座型CBDCを発行するバハマ中銀
(4)トークン型のデジタル東カリブドル
(5)カンボジアに絡む日本発ブロックチェーン
(6)米国の口座型FedAccountと給付金提案
(7)注目される米国のデジタルドル構想
(8)米国JPモルガンチェースのデジタルドル

3.日本国内の動き
(1)デジタル通貨協議会
(2)CBDC政府の骨太方針の狙い
(3)本腰を入れる日本銀行のデジタル通貨研究

4.カギを握るオフライン決済の実現方法
(1)香港の技術を使うのか中国のデジタルレンミンビ
(2)バハマ中銀の口座型CBDCオフライン決済
(3)日銀技術レポートが提唱するオフライン決済

5.トークン型デジタル通貨の記帳法

6.民間金融サービスへの大きな影響
(1)アリペイ、ウィーチャットペイなどの変化
(2)口座型CBDCに金利が付けば銀行預金はどうなる?
(3)日銀法、資金決済法、銀行法の改正の可能性
(4)前払い式支払い手段の電子マネーは消滅する?
(5)ICカード型電子マネーの形態変化予測

7.洗練されたブロックチェーンの仕組みと今後の影響
(1)証券取引への応用 DvP
(2)為替取引への応用 PvP
(3)貿易金融などへの応用

8.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                                   
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る