本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
6
1
9
7
1

主催 (株)新社会システム総合研究所 支援(株)経営コンサル セミナー

 
■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の3~10日以降)
Withコロナ・Afterコロナ時代の
キャッシュレス・プラットフォームのあり方
~グローバル動向・デジタル庁設置・事業者間(B2B)決済等~
 
 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和3年2月15日(月)   午後2時00分~4時00分
【会      場】  SSKセミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
【参加費用】  1名 33,110円 2名目以降 1名につき27,500円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図・URL等と併せて請求書を送付いたします
【備      考】   ■ライブ配信について
                              <1>Zoomにてライブ配信致します。
                              <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLを
                                 お送り致しますので、開催日時にZoomにご参加ください。

                           ■アーカイブ配信について
                             <1>開催日より3〜5日以降に配信致します。
                             <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
                                視聴用URLをお送り致します。
                             <3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

(株)NTTデータ経営研究所 グローバル金融ビジネスユニット            
アソシエイトパートナー 大河原 久和
(おおかわら ひさかず)氏
 
NTTデータ経営研究所 アソシエイトパートナー。大手総合研究所、外資系コンサルティング会社を経て現職。経済産業省「キャッシュレス検討会」事務局にて「キャッシュレス・ビジョン」の策定に関与。経済産業省「QRコード支払研究会」メンバー。キャッシュレス推進協議会「キャッシュレス・ロードマップ2019」PJリーダー。B2C、B2B決済領域における新規事業企画に多く携わる。著書に「決済サービスのイノベーション」(ダイヤモンド社・共著)。
                                                                                                                                                

重点講義内容

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大は、全世界で人々の価値観や行動、生活様式に変化をもたらしました。Withコロナ・Afterコロナ時代の社会・経済は、Contactless(非接触)やRemote(リモート)が活動の重要なキーワードになると考えられ、キャッシュレス決済のあり方も新たな日常(=ニューノーマル)にマッチするように変化していくと考えられます。
 また、国はキャッシュレス決済推進の論点として、従来クローズドな形で運用されてきた決済システムについて、優良なノンバンクとの接続や手数料の引下げに焦点を当てた議論を始めており、インフラ領域での変革も見込まれています。さらに、デジタル庁の設置や新IT戦略が提示され、社会基盤としてのマイナンバーの利用による本人確認と認証、APIの最大活用により、矢継ぎ早なデジタルサービスの社会実装が想定されます。
 本講演では、Withコロナ・Afterコロナ時代の新たな日常を見据え、グローバルでのキャッシュレス決済の動向、わが国の政策動向を交えながら、キャッシュレス決済の注目市場として店舗のO2O化、EMVコンタクトレス、ウォレットアプリ等の行方を紹介し、オープンエコシステム型経済の発展と共に必要性が高まる「キャッシュレス・プラットフォーム」の展望をお示しします。

1.グローバルにおけるキャッシュレス動向
 (英、米、シンガポール、中国等)

2.わが国のキャッシュレス政策の動向
 (競争政策としての手数料引下げ、少額多頻度向けの決済システムのあり方、
  デジタル庁・スーパーシティ構想・新IT戦略を踏まえた決済ビジネスの方向性)

3.キャッシュレスサービスの注目市場
 (1)サービスの「デジタルコンテンツ化」とキャッシュレス
  (医療、教育、飲食、エンターテインメント等)
 (2)密回避とキャッシュレス(事前注文、セルフレジ、デリバリー等)
 (3)少額多頻度決済・小口送金と銀行の決済ビジネス
 (4)ウォレット決済アプリの発展
 (5)決済サービス事業者のポジショニング(通信系、金融系、IT系、小売/流通系)
 (6)産業分野DXと事業者間(B2B)決済の進展
  (スマートコントラクトの可能性、中央銀行デジタル通貨が及ぼす影響)

4.Withコロナ・Afterコロナ時代に求められる
  キャッシュレス決済プラットフォームの展望
  〜オープンエコシステム型経済とPayment as a Service〜

5.質疑応答/名刺交換
                                                                                                                                           
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る