本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
6
5
3
5
3

主催 (株)新社会システム総合研究所 支援(株)経営コンサル セミナー


■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)
カーボンプライシングとは何か
-発揮する政策効果とは?日本の経済と産業競争に及ぼす影響とは?
-世界および日本におけるカーボンプライシング導入事例とその導入可能


 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和3年6月25日(金)   午後2時00分~4時00分
【会      場】  WEB配信のみ
【参加費用】  1名 33,110円 2名目以降 1名につき27,500円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、URL等と併せて請求書を送付いたします
 ■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致しますので、開催日時にZoomにご参加ください。
■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5日以降に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
                                                                                                                                                                               

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

京都大学大学院地球環境学堂・経済学研究科 教授 諸富 徹(もろとみ とおる) 


1998年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了、2010年3月より現職。2017年4月より京都大学大学院地球環境学堂教授を併任。環境経済学をベースに、カーボンプライシングや再生可能エネルギー政策、電力市場に関する研究を推進。京都大学大学院経済学研究科「再生可能エネルギー経済学講座」代表も務める。
主著に、『環境税の理論と実際』(有斐閣、2000年)、『脱炭素社会と排出量取引』(日本評論社、共編著、2007年)、『低炭素経済への道』(岩波新書、共著、2010年)、『脱炭素社会とポリシーミックス』(日本評論社、共編著、2010年)、『入門 地域付加価値創造分析』(日本評論社、編著、2019年)、『入門 再生可能エネルギーと電力システム』(日本評論社、編著、2019年)、など。環境省中央環境審議会「カーボンプライシングの活用に関する小委員会」など、国・自治体の政策形成にも多数参画。
                                                                                                                                   

重点講義内容

本講演では、菅首相のカーボンニュートラル宣言によって一挙に注目度の高まったカーボンプライシングを取り扱う。炭素税、排出量取引制度を中心に、その主要論点や制度設計上の留意点、日本や諸外国の事例を紹介するとともに、それがどのような政策効果を発揮し、日本の経済成長や産業競争力にどのような影響を及ぼすのかを論じる。そして現在、環境・経産両省で進む日本のカーボンプライシング導入論議の論点を整理し、今後の日本のカーボンプライシング導入論議を展望する。

1.カーボンプライシングとは何か
(1)炭素税
(2)排出量取引
(3)その他
2.カーボンプライシングの経済成長、産業への影響
3.カーボンプライシングの政策効果
4.政策手段の組み合わせ
5.産業社会の脱炭素化とそのための財源調達
6.日本政府で導入論議が進む
カーボンプライシング検討の現状と課題
7.質疑応答
                                                                                                                                          
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る