本文へ移動
株式会社経営コンサル
〒105-0003
東京都港区西新橋2-9-3
TEL.03-3501-6811
FAX.03-3580-3580
0
6
5
3
5
3

主催 (株)新社会システム総合研究所 支援(株)経営コンサル セミナー


■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信
2025大阪関西万博の意義
~大阪健康パビリオンの目指すもの


 

《開催・参加要領》

【開催日時】  令和3年7月5日(月)   午後3時00分~5時00分
【会      場】  SSK セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
【参加費用】  1名 33,000円 2名目以降 1名につき27,500円(税込み) (キャンセルは1週間前まで)
【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図・URL等と併せて請求書を送付いたします
【備      考】  ■ライブ配信について
                              <1>Zoomにてライブ配信致します。
                              <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLを
                                 お送り致しますので、開催日時にZoomにご参加ください。

                           ■アーカイブ配信について
                             <1>開催日より3
〜5日以降に配信致します。
                             <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
                                視聴用URLをお送り致します。
                             <3>動画の配信期間は公開日より2週間ですので、その間にご視聴ください。
                                       2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可能です。
                                                                                                                                                                               

下記の項目で講義をすすめます

【講師】Profile

大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 寄附講座教授
2025大阪関西万博大阪府市パビリオン推進委員会 総合プロデューサー
内閣府 健康・医療戦略推進事務局 健康・医療戦略参与
森下 竜一(
もりした りゅういち)氏

1987年3月 大阪大学医学部 卒業。1991年3月 大阪大学医学部老年病講座大学院卒業。1992年7月 アメリカ循環器学会特別研究員。1994年4月 米国スタンフォード大学循環器科客員講師。1998年10月 大阪大学助教授大学院医学系研究科遺伝子治療学。2003年3月 大阪大学教授大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学。2003年3月 知的財産戦略本部本部員(2007年任期満了:本部長 内閣総理大臣)。2013年1月 内閣府 規制改革会議委員(安倍内閣)。2013年3月 内閣官房健康・医療戦略本部(本部長 安倍晋三)戦略参与。2013年4月 大阪府・市統合本部 医療戦略会議特別参与。2013年4月 大阪府特別参与・大阪市特別参与。2016年6月 万博基本構想検討会委員。2018年4月 内閣府 規制改革推進会議委員(安倍内閣)。2019年1月 2025年大阪・関西万博具体化検討会委員 (経済産業省)。2019年6月 公立大学法人大阪 理事長アドバイザリーボード委員。2020年3月 大阪府特別顧問・大阪市特別顧問。2021年2月 2025大阪関西万博大阪府市パビリオン推進委員会総合プロデューサー。2021年4月 内閣府健康・医療戦略推進事務局 健康・医療戦略参与。
                                                                                                                                      

重点講義内容

2025年4月から10月に大阪市夢洲で日本万国博覧会が開催されることが決まった。いわゆる一般博としては、1970年大阪千里で開催された70年万博以来55年ぶりの開催になる。
テーマは、命輝く未来社会のデザイン“Designing Future Society for Our Lives”であり、サブテーマとしてSaving Lives(いのちを救う)、Empowering Lives(いのちに力を与える)、Connecting Lives(いのちをつなぐ)が設定されている。
コンセプトは、-People’s Living Lab-未来社会の実験場であり、展示をみるだけでなく、世界80億人がアイデアを交換し、未来社会を「共創」(co-create)、万博開催前から、世界中の課題やソリューションを共有できるオンラインプラットフォームを立ち上げ、人類共通の課題解決に向け、先端技術など世界の英知を集め、新たなアイデアを創造・発信する場にとされている。
私は、地元パビリオンとしての大阪健康パビリオンの総合プロデューサーであり、「REBORN」のもと、「健康」という観点と、「知る・感じる」「体験できる」「みんなで参加できる」という視点から、未来社会の新たな価値の創造に取組みます。
本講演では、2025大阪関西万博の目指すものを紹介したい。

1.2025大阪関西万博とは
2.大阪健康パビリオン
3.10歳若返りの旅
4.未来の病院
5.万博のレガシー
6.質疑応答
                                                                                                                                          
お問合せ電話番号 03-3501-6811
 
TOPへ戻る